登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
出会い言語交換中国百科ブログ日本求人中国求人
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
ワールドフレンド・ ネットワーク
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   酒について語るとき我々の語ること   
What we talk when we talk about Sake.上海から帰国したので志久木令の上海雑食飽食から改題しました。
  日本酒42 苗場山 苗場酒造     
2022-06-21 20:40:27


体重74.7kg。前日接待で遅くまで飲み食いしてしまった。

 

20年前の日記再掲示。

2001年6月22日の日記です。

 

□□□

家でファヒータを食べる。久しぶりだ。

ワインはBordeaux Blanc 2000 Chateau L’Egliseというワインを飲む。

今日はイギリスの話。

シェイクスピアが生まれたストラットフォードアポンエイボンには家が近いせいもあって

良く遊びにいったが、町を縦断する大通りに美味しそうなチーズやがあるのをいつも見ていた。

名前をPaxton&Whitfieldという。

店の中を見るといかにも老舗のチーズ屋である。

ぼくらはワインをのむせいか、チーズが大好きである。

店のショーウインドウを見ると、いろいろ美味しそうなチーズが並んでいる。

でも雰囲気が格式高く、敷居が高いような感じがしてなかなか入れない。

ようやくイギリス生活にも慣れはじめたときにおもいきってその店に入ってみた。

すると、置いてあるチーズの種類やチーズに合う食べ物、

たとえばワインやパンはどれも美味しそうなものを置いている。

店員の態度もいいし、チーズを100g、200gで注文しても嫌がらずに塊から切ってくれて、

きちんとラップで包んでくれる。

このチーズ屋は大のお気に入りになった。

このチーズ屋でいろいろな種類のそれも色々な動物の乳で作るチーズを試してみた。
その後ロンドンに買い物に行くようになって、凄く混んでいるピカデリー通りを避けて

フォートナム&メイソンの裏通りを通るようになったら、このPaxton&Whitfieldの本店を見つけた。

例によって、ここは皇室御用達である。
最近年末年始の贈答用に日本語対応するようになった。

きっと日本人が沢山買い物に行くから、これは売れると思ったのだろう。
結局僕らはクリーム系のとろけた、臭いチーズを好むようになった。

ちょっと日本人ばなれしているかもしれない。


□□□

解説します。

Paxton&Whitfieldは懐かしいですね。

いまも店があるのかと思って検索してみたらあるみたいですね。

当時から臭いチーズがすきでしたが

フランスに行ってからはフランスチーズが好きで食べてましたね。

日本人は臭いチーズが嫌いナ比とが多いですね。

 

今日の日本酒は苗場酒造の苗場山です。

 

たまたま遠出してみた寄った酒屋さんにおいてあったので買ってみました。

新潟県津南町のお酒です。

飲んで見ると新潟の酒の特徴的な辛口で

すーっと飲める日本酒です。

変な後味ももちろん残りません。

この本醸造は一番安いグレードだとおもいますが

この本醸造でこのレベルだと価格も安いしいいですね。