登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
出会い言語交換中国百科ブログ日本求人中国求人
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
ワールドフレンド・ ネットワーク
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   酒について語るとき我々の語ること   
What we talk when we talk about Sake.上海から帰国したので志久木令の上海雑食飽食から改題しました。
  ビール246 軽井沢高原ビール ヤッホー     
2022-06-18 01:24:34


体重74.3kg。結構減った。10日で1.7kg。

 

20年前の日記再掲示。

2001年6月18日の日記です。

 

□□□

胡麻味噌味の春雨、白菜と人参の漬物、にんにくかつおを食べる。
ワインはこの2日で飲みきれなかったSans Koeser Franken の残りを飲む。

僕が子供のころ、家にデノミ(通貨切り上げ)のことが書かれたカッパブックスがあった。

父親はそんなに本を読む人ではなかったが、どういう風の吹き回しか、

デノミに興味を示して買ってきて読んだらしい。

僕は本が好きで、どんな本でもむさぼるように読んでいたので、

父親の寝床にあったその本をこっそり読んだ。

その本は小学生の僕にも理解できるくらい、やさしくデノミが解説してあった。

その本の中にこんな話が載っていた。

「ある国際機関(僕の記憶ではIMFと書いてあったとおもうが)に

各国の単位通貨が展示されているところがある。

アメリカなら1ドル紙幣、イギリスなら1ポンド硬貨という具合である。

その中に混じって日本の1円も展示されている。

各国の通貨と比べて日本のアルミでできた1円のなんとみすぼらしいことか!」

確かに水に浮くくらいの硬貨だからみすぼらしく見えるのだろうなあと思った。

本の著者はけっしてそれだけの理由でデノミを提唱していたわけでなかったが、

円が外国の通貨に比べてみすぼらしいという、

日本人の好きな感情的なはなしを本に入れたわけである。

(今考えると別にその展示場でみすぼらしくても別にどうでもいいような気がする。)

僕はまだ小学生だったから、「だったらデノミをすればいいのに。」と思っていた。
最近ユーロが導入されることになって、ほぼ1ドル=1ユーロ=100円

(多少為替の過多はあるが)というイメージになってきた。

もし日本が100分の1のデノミをやれば1ドル=1ユーロ=1円と非常にわかりやすくなる。

こういう意味で今デノミをやるのはいいかもしれない。

先程の著者の希望もかなうしね。

僕の父親はそんな本を買ったことすら忘れているのではないかとおもう。


□□□

解説します。

このカッパブックスのデノミの本ですが、今も覚えています。

小学生のころからデノミを理解していました。

この本が出てから半世紀以上経ちますが

日本は相変わらずアルミの一円玉が単位通貨ですね。

 

今日のビールは軽井沢高原ビールです。

 

 

Welciaに言ったら長野ビールシリーズということでおいてありました。

2022年限定版のようです。

飲んで見ると香りがよく、苦みの効いたビールでおいしいです。

下の方にAmerican ESBとありますが

ESBとはExtra Special Bitterbの意味のようです。

道理で苦みがいい。

軽井沢高原ビールはヤッホーブリューイングが製造しています。

絵柄は正面からはわかりませんが左側面に熊がビールをのんでいます。

こんな感じ。

反対側は部屋の様子。

裏面にビールの紹介です。