登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
出会い言語交換中国百科ブログ日本求人中国求人
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
ワールドフレンド・ ネットワーク
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   酒について語るとき我々の語ること   
What we talk when we talk about Sake.上海から帰国したので志久木令の上海雑食飽食から改題しました。
  酎ハイ14 キリン本搾り オレンジ     
2022-06-07 20:17:04


20年前の日記再掲示。

2001年6月8日の日記です。

 

□□□

ファイチで食べる。ピルスと白ワインを一杯づつ飲む。

スープにトムヤンガイがあったので頼む。辛くて酸っぱい美味しいスープだ。

その他ブタとパプリカの炒めもの、豆腐と野菜の炒めもの、もやしときくらげの炒めものを頼む。

よそのテーブルを見てみると2人で3皿を頼むところは無い。

我々は食いすぎなのだろうか?

イギリスのロンドンからM23で真っ直ぐ南下したところにBrightonという町がある。

以前に仕事でBrightonの近くのLewesという町に行ったことがある。

そこにあるソフトウェア屋さんに行ったのだった。

そのソフトウェア会社の事務所から町を流れる川が見えた。

川の流れを観察すると南から北に流れている。

このあたりは南側が海だから、流れが反対だなと思って不思議に感じた。

おそらく町から出たところで大きく曲がって、海に向かうのだろう。

一緒に出張に行っていた日本人の同僚に、「あの川を見てご覧。海はどっちだと思う?」と尋ねた?

この同僚は方向音痴なのである。

彼は川が流れる方向を指差して「あっちですか?」と言った。

「いや、違うんだ。海の方向はあっちなんだ。だから川はどこかで曲がって…」

とそこまで言ったときにそのソフトウェア屋の会社の人が我々のやり取りを聞いてから川を見て、

「あれ、今日は反対に流れている。」と言った。

なんとその日は満潮で海から水が流れ込んでいたのであった。
なぜそんなことを思い出したかというと、トムヤンガイのせいであった。

Lewesというのは小さい町なのだが、そこにタイレストランがあったのだった。

その日の晩、明るい月あかりの中を歩いていって、そのレストランに行き、

トムヤンガイを食べたのであった。

食べ物で記憶がよみがえるような食いしん坊なのである。


□□□

解説します。

よくファイチに当時は行っていますね。

満潮で川が逆流るのは世界で結構ありますが、

イギリスの南の田舎町でそんなことがあるとは思いませんでした。

このソフトウェア屋さんの社長はインド系の綺麗な女性の方でしたが

その後その会社がどうなったかはわかりません。日本人の同僚ってのも誰だったか?

さらに我々の日本語のやりとりを聞き取れる日本人がいたのかどうかも記憶にありません。

そのときにこの会社からその町のクラフトビールの飲み比べセットをお土産でもらった記憶があります。

ドイツまでどうやって持って帰ったのだろう?

 

今日の焼酎はキリン本搾り オレンジです。

 

 

キリンの本搾りのオレンジバージョンです。

糖類、甘味料なしです。

オレンジと焼酎って意外と合うかもしれません。

オレンジなので料理は肉料理、とくに豚肉料理があるのではないでしょうか?