登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
出会い言語交換中国百科ブログ日本求人中国求人
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
ワールドフレンド・ ネットワーク
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   酒について語るとき我々の語ること   
What we talk when we talk about Sake.上海から帰国したので志久木令の上海雑食飽食から改題しました。
  日本酒37 大吟醸 北秋田      
2022-05-29 07:31:15


体重74.9kg。久しぶりに75kgを切った。

 

20年前の日記再掲示。

2001年5月29日の日記です。

 

□□□

ジェノバ風ペストのびんづめソースを買ってきてパスタを食べる。

その他、冷やっこ、ほうれん草のごま油としょうが和え、わかめと玉葱スライスを食べる。

ワインはPinot Grigio Veneto 2000を一本と、ベルリンからの帰りにミュンヘンの空港のEDEKAで買ったSOAVEのミニボトル一本飲む。

このミニボトルは1.99なのに使える。

さてベルリンでは以下のように感じた。
これでもかと書かれた落書きの多さ。

統一前に西側で書かれたものが多いのだろうが、東ドイツの中にぽつんと

離れ小島のように存在した西ベルリンの歪んだ状況を照らし出しているような気がする。

壁が崩壊するまえは、延々と続く壁に所狭しと描かれていたのだろう。

ツォーロギシャーガルテンからフリードリッヒストラーセの間の建物に、

電車から見える高さに延々とスプレーの落書きがあるのは不思議なエネルギーを感じる。
大規模な工事。

長い時代を経てようやくまたドイツの首都になったベルリン。

その首都機能を取り戻そうと開発が行われている。

特に連邦政府議事堂の北側の駅の工事とポツダム広場から南へ抜けての工事が凄かった。

比較的旧東側の古いたてものには手を付けていない。
つかみどころのなさ。

ベルリンはなんとなくつかみ所のない町だった。

1945年以前に市の中心だったところは東側が占領していたので建物が古いまま残っている。

また、町並みも電気か水道の配管パイプが地上に露出していて東側らしい。

この東側のなごりはベルリンの街の魅力かもしれないと思った。

ウンターデンリンデンでは昔のなごりのロシア大使館とアエロフロートのでかいビルがある。

これも東側のなごりだろう。
ところでこれだけ東側を苦しめたホーネッカーは今どうしているのだろう?

壁の崩壊後、当時のソ連に亡命したらしいが、そのソ連も崩壊して、彼はどうなったのだろう?

ドイツ統一直後、ドイツのTV局がインタビューに成功しているらしいが、

そのときは自分は間違っていなかったと言ったらしい。
 

□□□

解説します。

ベルリンのまとめですね。

当時は本当に工事がすごかったですが今はどうなんでしょうかね。

ベルリンは当時はテーゲル空港しかなく、手狭な空港でしたが

いまは新しい空港になったようですね。

 

今日の日本酒は大吟醸 北秋田です。

 

 

北鹿が出している北秋田という銘柄のお酒です。

金賞受賞とあってこんな感じで売ってました。

イーオンにありました。

 

飲んで見ると辛口なのですが、ちょっと癖のある感じ。

飲み口はすっきりしています。

この癖のある感じと癖がない日本酒とでは何が違うのか不思議です。

 

つくっているのは北鹿ですが、北鹿は北鹿酒造ではなくて「株式会社 北鹿」なんですね。