登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国の世界遺産
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  航空券    ツアー    ホテル    世界遺産    ブログ    ニュース    天気    地図  
ホーム>>TOP>>メニュー
世界遺産関連ニュース
世界遺産映像ギャラリー
世界遺産写真ギャラリー
中国総合旅行情報
殷墟 [TOP]
地図
関連リンク
関連ニュース
中国の世界遺産一覧 [詳細情報付き]
万里の長城
北京と瀋陽の明・清王朝皇宮
敦煌の莫高窟
始皇帝陵と兵馬俑坑
周口店の北京原人遺跡
泰山
黄山
武陵源の自然景観と歴史地区
九寨溝の渓谷の景観と歴史地域
黄龍 の歴史的風景区
承徳の避暑山荘と外八廟
曲阜の孔廟、孔林、孔府
武当山の道教寺院
ラサのポタラ宮
廬山国立公園
峨眉山と楽山大仏
麗江古城
平遥古城
蘇州の古典園林
天壇 :北京の皇帝の祭壇
頤和園 、北京の皇帝の庭園
武夷山
大足石刻
龍門石窟
明・清王朝の皇帝墓群
西逓村と宏村の古民居
青城山と都江堰
雲崗石窟
雲南保護地区の三江併流
高句麗の首都と古墳群
マカオの歴史市街地区
四川省のジャイアントパンダ保護区
殷墟
開平の望楼と村落
中国南方カルスト
福建土楼
三清山国立公園
五台山
「天地の中央」にある登封の史跡群
中国丹霞
杭州西湖の文化的景観
関連書籍
 
1.タビリエ 屋久島・指宿・鹿児島 (タビリエ (36))
2.楽楽 広島・宮島・尾道・倉敷 (楽楽―中国四国)
3.厳島神社・原爆ドーム (地図で旅する日本の世界遺産)
4.石見銀山 (地図で旅する日本の世界遺産 9) (地図で旅する日本の世界遺産)
5.(5)平遥古城(へいようこじょう) (DVD中国の世界遺産)
6.(3)武陵源(ぶりょうげん (DVD中国の世界遺産)
7.(1)九寨溝(きゅうさいこう) (DVD中国の世界遺産)
8.(7)都江堰・青城山(とうこうえん・せいじょうさん) (DVD中国の世界遺産)
9.(2)黄龍(こうりゅう) (DVD中国の世界遺産)
10.(4)蛾眉山・楽山大仏(がびさん・らくざんだいぶつ) (DVD中国の世界遺産)
出会いクラブ
エリア別総合情報
中国の都市総合情報
中国の省・直轄市・自治区総合情報
中国の広域総合情報(10地域)
中国の世界遺産所在地の総合情報
  殷墟
殷墟(いんきょ ピンイン:Yīnxū)とは古代中国、殷王朝(BC1600 - BC1046)後期の遺構。現在は近代的なビルが林立する河南省最北部の安陽に位置している。殷は中国では「商」王朝として知られ、殷墟は後期商王朝(BC14世紀ごろ - BC11世紀ごろ)の宗教的、文化的な中心地であった。盤庚による遷都から帝辛(紂王)の時代の滅亡に至るまでの殷の首都であったと伝えられる。盗掘された甲骨片が発見されたことをきっかけに1928年より発掘が始まり、殷の首都であることが確認されるに至った。殷墟からは深さ20メートルを超えるものを含む、多数の巨大墳墓が見つかっている。2006年7月には「四川省のジャイアントパンダ保護区」とともに世界遺産に登録された。

発掘に至るまで
1899年、金石学者であった王懿栄(1845年 - 1900年)は、北京の漢方薬店で買ってきた龍骨(漢方薬の一種である骨)の上に金文(古代の金属器や石刻に刻まれた漢字)に似た古い文字のようなものが刻んであるのを発見し、この文字を解読しようと龍骨を大量に買い集めだしたとされる。これはよく知られた逸話だが事実であるかどうかは不明である。

翌1900年、義和団事変の際の八カ国軍の北京侵入で王懿栄は自殺し、彼の集めた甲骨は小説家である劉鶚の手に渡り、友人である金石学者羅振玉は甲骨の産地が河南省北部の小屯村だということを調べた。この村の地中から出る甲骨は、農民によって捨てられたり漢方薬とするために売られたりしていた。羅振玉は甲骨文字の解読を進め、この村は架空の存在と考えられていた殷王朝の遺跡ではないかと考えた。その後、王国維は研究により、ここが盤庚が遷都した後の殷の都であるという説を唱えた。

1928年、甲骨の発掘がこの地で始まった。中央研究院は考古学者による発掘隊を組織し、日中戦争で中断する1937年まで15回にわたる発掘作業を行い、甲骨だけでなく青銅器などの金属器や墳墓などの遺跡も発見された。1950年に発掘は再開され、1986年までの間に15万件の甲骨が見つかっている。

殷墟の規模と発掘物
現在調査が進んだ殷墟の範囲は東西6km、南北4kmの地域で、洹水という川をはさんでいる。この地域は殷王朝時代の甲骨や青銅器が最も密集して発見された場所である。さらに多くの建物跡と墳墓も発見されており、洹水の南岸にある小屯村の北東付近が宮殿などのある都の中心だったとみられ、その周囲には工房跡なども見つかっている。洹水北岸の武官村の一帯は歴代の王の陵墓が並んでいた場所であり、13の大規模な墳墓が発見されている。この中の何も入っていない墳墓は、おそらく殷の最後の王・紂王が自分のために造らせたものの、国家滅亡のため入ることができなかった墳墓と推測されている。

特筆すべきは22代目の帝武丁妃である婦好の墳墓であり、1976年にほぼ未発掘の状態で発見された。墓からは6匹の犬のほか、少なくとも16人の殉死者の骨が見つかっており、他に副葬品として、440以上の青銅器、約600もの玉石器、石彫類、骨角器、約7000枚の当時の貝貨が出土している。

さらに、殷墟では多数の甲骨(亀の腹甲や牛や鹿の肩胛骨など)およびそれらに刻まれた文字(甲骨文)が出土しており、漢字のルーツであると思われている。 殷墟から発見された甲骨には5,000字以上の文字が認められ、そのうち1,700字ほどが解読されている。またこの文字の研究により、殷王朝の存在が同時代資料を通じて確認されたほか、この文字から漢字が発展したことが確認された。
  [改訂履歴]


空から見た殷墟
-> 殷墟の周辺地図(click!)


  関連ニュース     
· 
陜西省周原遺跡で周の都城初めて見つかる
????【新華社北京1月11日】中国古代に封建制を始め、広い範囲を統治した西周(紀元前1100年頃―紀元前771年)の都城と見られる遺跡がこのほど見つかった。周の最も重要な発祥地とされる陜西省の周原遺跡ではこれまで城壁など王都だったことを示す遺物が発見されていなかった。昨年、考古学者は全方位的な考古...

· 
デジタル化で漢字の書き方を忘れる人が急増 中国

· 
旅順博物館所蔵の甲骨から新たな甲骨文字を発見

· 
陳静武術太極拳研究会青少年交流団が訪中 河南

· 
成都には殷墟の貴重な文化財136点が展示

· 
中国考古遺跡公園連盟が設立される

· 
宋代の沈没船「南海1号」発掘調査の第1段階が終了

· 
西周時代の遺跡から、「釜形鼎」が発掘される―湖南

· 
【韓国ブログ】韓国人がみた日本人「なぜ外で弁当を食べる?」

· 
世界遺産・殷墟など海外観光客に無料開放−河南・安陽

· 
湖南省江永県の摩岩造像仏:宋代、中国最南の石刻と認定

· 
中国の書道コンクール、今回から「代筆」を徹底排除

· 
副葬品の当時の実寸・戦車がそのまま展示場に−殷墟

· 
【中国の検索ワード】西洋医学ベースの素手治療、「職人気質」の

· 
国内最大の青銅器馬、修復を開始―湖北

· 
商王朝「発掘史上で最大規模の主要建築物」が出土―河南

· 
中国は世界遺産の数で世界3位 保護事業も着実に前進

· 
<世界遺産>少林寺など「嵩山歴史建築群」を申請―河南省

· 
河南省、大遺跡保護で国から1.4億元の特別援助金を獲得

· 
中国の世界遺産33カ所に、パンダ生息地など指定

· 
新世界遺産「殷墟」、無料開放で10倍の人出 河南

· 
世界遺産「殷墟」、甲骨文字の観光商品でも好評

· 
商の遺跡「殷虚」、世界遺産登録祝い無料公開

· 
商の都「殷墟」、世界文化遺産に 3300年前の遺跡

>> more...