登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ニュース
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
中国最新ニュース
ビジネス&経済ニュース
中華圏芸能ニュース
中国の世界遺産ニュース
旅行&観光ニュース
四川大地震ニュース
2008北京オリンピックニュース
中国各省のニュース
北京ニュース
香港ニュース
上海ニュース
大連ニュース
ニュースの検索
    
昨日のニュース
先月のニュース
日付を指定してニュースを読む:
主な都市の関連ニュース
 香港
 マカオ
 北京
 上海
 広州
 天津
 大連
 西安
 重慶
 昆明
 アモイ
 蘇州
 青島
 瀋陽
 深セン
 杭州
 福州
 成都
 武漢
 桂林
 ハルビン
 長春
 南京
 ラサ
 無錫
 洛陽
 開封
 合肥
 南昌
 西寧
 銀川
 大同
 ウルムチ
 フフホト
 鄭州
 長沙
 海口
 三亜
>> その他の都市...
出会いクラブ
   台湾、小さな街のアトリエの壁絵が話題に   

 台湾紙「聯合報」の報道によると、中国台湾苗栗県後龍鎮(こうりゅうちん)に住む蒋さん(26)は昨年、2カ月かけて実家の外壁に、17世紀にオランダで活躍した画家・ヨハネス・フェルメールやチェコスロバキアの画家・アルフォンス・ミュシャの作品を模倣して書いた。さらに、高速鉄道(中国版新幹線)や台湾鉄道など、同地のシンボルとなるものを描いた後龍鎮版「清明上河図(せいめいじょうがず)」(中国北宋(960-1127年)の都・開封の都城内外のにぎわいを描いた画巻)も作成。美しく完成度の高い蒋さんの作品に、多くの人がカメラを向け、「うちの家の壁にも書いてほしい」と大絶賛しているという。中国新聞網が報じた。 蒋さんは高雄師範大学の美術学部を卒業して昨年、実家がある後龍鎮に戻り、アトリエを開いた。蒋さんによると、「アトリエの内装をしていた時に、近くの高速鉄道(中国版新幹線)が花火大会を企画していた。その時、この街の芸術ムードを高めるため、自分の家の壁に絵を書くことを思いついた。その機会に乗っかり、アトリエの知名度も上がればと思い、電話番号も書いておいた」という。 「朝から晩まで、まる2カ月かかった。本当にたいへんだった。当時は熱い8月で、作業を急ぐために、動きやすい服に麦わら帽子という格好で、ほとんどずっと壁に向かって絵を書いていた」。蒋さんは片側の壁にヨハネス・フェルメールの作品、もう片方にアルフォンス・ミュシャの作品を模倣して書いた。また、アトリエの雰囲気に合わせて、絵の中の人物や色合いを調整し、オリジナル感を出している。 蒋さんはさらに、壁の真ん中に後龍鎮版「清明上河図」を描いた。同絵の中には古代の船舶だけでなく、高速鉄道やその「紅橋」、台湾鉄道の列車など同地のシンボルを描き、過去と現代を融合。また花火大会と調和させ、橋の上でペンライトを売る露店や見物客なども描いている。 2カ月かけて完成させたこの傑作を、「多くの人がカメラに収め、自分の家の壁にも絵を書いてほしいという人もいる」と蒋さん。中にはアーチ型の画作を見て「ここはモスク?」と駆け寄ってくる人までいるとか。(編集KN) 「人民網日本語版」2013年3月5日 [人民網日文版]
このニュースをお気に入りとして保存
   >>次のニュース: 北京、トヨタ車に放火した男「領土問題で日本に不満」
   >>前のニュース: <企画>「雷鋒の日」50周年
   先週の人気ニュース   
    · 中国:10月粗鋼生産量8255万トン

    · 財新:中国2018年11月製造業PMI50.2%


私のお気に入り