登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国史
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板

中国の四大古典小説
中国古代の六大思想家
関連書籍・CD・DVD
 
1.唐詩選〈下〉 (1966年) (新訂中国古典選〈第15巻〉)
2.三体詩 4 (朝日文庫 ち 3-32 中国古典選 32)
3.中国歴史紀行―悠久なる中国の大地 (角川選書)
4.新・日本中国戦争〈第4部〉中国分裂 (歴史群像新書)
5.リーダーのための中国古典 (日経ビジネス人文庫)
6.鑑賞中国の古典 (10)
7.史記・漢書 (鑑賞 中国の古典)
8.中国の歴史〈上〉古代・中世
9.中国城郭都市社会史研究
10.史記 2 (2) (朝日文庫 ち 3-19 中国古典選 19)
中国史&古典: 掲示板一覧
中国史
三国志
水滸伝
封神演義
西遊記
紅楼夢
出会いクラブ
  水滸伝     
水滸伝(すいこでん)は、中国の明代に書かれた小説で、四大奇書の一つ。施耐庵あるいは羅貫中がそれまで講談として行われてきた北宋の徽宗期に起こった反乱を題材とする物語を集大成して創作されたとされる。「滸」は「ほとり」の意味。

北宋時代末期に、汚職官吏たちがはびこる世相のため世の中からはじき出された英雄好漢たちが梁山泊と呼ばれる自然の要害に集まって無法者の集団を形成し、やがて悪徳官吏を打倒し国を救う事を目指すという物語である。

水滸伝の来歴
水滸伝水滸伝の物語は実話ではない。しかし14世紀の元代に編纂された歴史書『宋史』には、徽宗期の12世紀初めに宋江を首領とする三十六人が実在の梁山泊の近辺で反乱を起こしたことが記録されている。講談師たちは12世紀中頃に始まる南宋の頃には早くも宋江反乱の史実をもとに物語を膨らませていったと推定され、13世紀頃に書かれた説話集『大宋宣和遺事』には、宋江以下三十六人の名前と彼らを主人公とする物語が掲載されている。

15世紀頃にまとめられた水滸伝では、三十六人の豪傑は3倍の百八人に増やされた。また、荒唐無稽で暴力的な描写や登場人物の人物像を改め、梁山泊は朝廷への忠誠心にあふれる宋江を首領とし、反乱軍でありながらも宋の朝廷に帰順し忠義をつくすことを理想とする集団と設定されて、儒教道徳を兼ね備え知識人の読書にも耐えうる文学作品となった。とは言え、反乱軍を主人公とする水滸伝は儒教道徳を重んじる知識人にはあまり高く評価されず、もっぱら民衆の読む通俗小説として扱われた。その風潮の中で、明末の陽明学者で儒者の偽善を批判した李卓吾が水滸伝のような通俗小説を高く評価したことはよく知られている。

清代には京劇の題材にとられ、108人が皇帝に従うという展開が西太后などに好まれた。逆に新中国成立後の文化大革命時には禁書処分を受ける事となった。

水滸伝の原本
中国の通俗小説は「回」と呼ばれる講談の一話に相当するまとまりからなるが、施耐庵あるいは羅貫中がまとめたとされる水滸伝の初めの構成は百回から成っていた。百回のおおよその内訳は、梁山泊に百八人の豪傑が集うまでを描いた七十一回と、梁山泊と朝廷の奸臣たちが派遣した官軍との戦いを描く十回、百八人が朝廷の招安を受けて、北方の契丹人の王朝遼と戦う九回、江南で宋江たちと同じように反乱軍を起こしていた方臘を官軍として討伐する中で梁山泊集団が壊滅してゆく過程を描いた十回からなる。

水滸伝が人気を博するようになると、16世紀頃に最後の方臘戦十回の前に田虎、王慶の反乱軍を鎮圧するそれぞれ十回が付け加えられた百二十回からなる版が生まれた。これを百二十回本と呼び、もともとの百回構成の版を百回本と呼ぶ。

17世紀の清代に、古典批評家の金聖嘆は百回本のうち物語が面白い部分は梁山泊に百八人が集う第七十一回までであると判断し、第七十二回以降を切り捨てた上で、第七十一回後半を書き改めて最終回とし、かつ回数を整えるため本来の第一回を前置きとし、第二回以下の回目をそれぞれ一回づつ繰り上げた七十回本を作り、出版した。遼との戦いを含む後半部分を、女真人による異民族王朝である清が忌避したためとする説もある。清代には七十回本が流行し、中国では20世紀に入るまで水滸伝と言えば七十回本を指した。中華人民共和国成立後、七十回本の体裁にならいつつ、回目を復旧した七十一回本も出版されている。  [改訂履歴]

>> さらなる詳細情報または関連情報
お名前                                                  
コメント