登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国料理,中華料理,中国茶
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
ホーム>>TOP>>メニュー
中華料理レストラン情報

中国の四大料理(系統)
中国の十大名酒(銘酒)
中国の八大料理(系統)
中国の十大名茶(銘茶)
出会いクラブ
中国料理&中国茶: 掲示板一覧
中国料理・中華料理
中国茶
中国酒
料理の作り方(レシピ)
レストラン情報
中華街
小香港(お台場)
関連書籍・CD・DVD
 
1.一衣帯水―中国料理伝来史
2.和・洋・中華 プロの 包丁テクニックと飾り切り【新版】
3.点心と小菜 (中国料理の演出)
4.中国のごはん (絵本 世界の食事)
5.薬膳レシピ―マダム・ヤンが女性のからだを考えてつくった
6.これは効く病名別 漢方薬膳料理 (京都書院アーツコレクション 9)
7.人気韓国料理の新・教科書 保存版―伝統的な韓国料理のおいしさを現代のスタイルで (旭屋
8.茶館―中国の風土と世界像 (1974年)
9.明代の料理と食品―『宋氏養生部』の研究
10.アグネス・チャンのやさしい中国料理―健康いちばん!元気になるレシピ! (レディブティッ
  雲南普洱(プーアル茶)     
プーアル茶(普洱茶、Pu'ercha)は雲南省南部を原産地とする中国茶(黒茶)の一種。チャコールグレー(暗褐色)に近い独自の色と香りがあり、美容にも良いとされている。

雲南省は茶樹そのものの原産地とされるが、プーアル茶も雲南省南部の少数民族ハニ族などの間で古くから伝わるものであった。思茅市普洱ハニ族イ族自治県の1500メートル以上の山間部を原産地とし、雲南省最南部のシーサンパンナタイ族自治州でも栽培されている。

製法
加熱によって酸化醗酵を止めた緑茶を、高温多湿の場所に置き、コウジカビで半年から2年醗酵させる。醗酵期間が長くなるほど、味はまろやかになる。原則として醗酵期間の長いものほど値段は高くなっていく。6年物、12年物などもある。一方でこの後醗酵によって独特の風味が生じるため、好まれないことも多い。

効用
脂肪分解作用があるので、脂っこい中華料理を食べた後に飲むのがよいとされる。また、減肥茶として美容にも用いられる。さらに血行促進作用や血糖値を抑制する作用もあり、漢方薬としても飲料される。

歴史
唐代には南詔の銀生城(現・思茅市)付近の山地で取れる茶として中国にも知られていた。中国が雲南を領有した明代には普洱茶として広く知られるようになり、清代には雲南からの進貢品に指定され、朝廷でも愛飲された。ラスト・エンペラー愛新覚羅溥儀も愛好したという。

しかし、文化大革命によってその手間のかかる製造方法が『大躍進政策』にそぐわないと否定され、一時は中国本土での生産が断絶するほどであった。このとき、多くのプーアル茶が香港、台湾に持ち出されており、現在もビンテージものと呼ばれるプーアル茶の多くは台湾に存在している。現在では中国でも生産が再開されており、東南アジア、欧米、日本などにも輸出されている。  [改訂履歴]
お名前                                                  
コメント