登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国料理,中華料理,中国茶
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
ホーム>>TOP>>メニュー
中華料理レストラン情報

中国の四大料理(系統)
中国の十大名酒(銘酒)
中国の八大料理(系統)
中国の十大名茶(銘茶)
出会いクラブ
中国料理&中国茶: 掲示板一覧
中国料理・中華料理
中国茶
中国酒
料理の作り方(レシピ)
レストラン情報
中華街
小香港(お台場)
関連書籍・CD・DVD
 
1.一衣帯水―中国料理伝来史
2.和・洋・中華 プロの 包丁テクニックと飾り切り【新版】
3.点心と小菜 (中国料理の演出)
4.中国のごはん (絵本 世界の食事)
5.薬膳レシピ―マダム・ヤンが女性のからだを考えてつくった
6.これは効く病名別 漢方薬膳料理 (京都書院アーツコレクション 9)
7.人気韓国料理の新・教科書 保存版―伝統的な韓国料理のおいしさを現代のスタイルで (旭屋
8.茶館―中国の風土と世界像 (1974年)
9.明代の料理と食品―『宋氏養生部』の研究
10.アグネス・チャンのやさしい中国料理―健康いちばん!元気になるレシピ! (レディブティッ
  祁門紅茶     
祁門 は、日本では「キーマン」「キームン」「キーモン」などとよばれる、安徽省祁門県附近でつくられる紅茶。

揉捻(もみ)の強い茶葉・蘭や薔薇と称される強い香りが特徴。味は渋みが少なくあっさりとしているが、それは苦み成分のタンニンが少ないためである。

発祥は19世紀後半に安徽省出身の余干臣が福建省の「武夷茶」を真似てつくられたものとされているが、実際は「祁門工夫」「工夫紅茶」と称されるほど手のこんだ製造法によるもので、たとえば武夷茶は単に太陽で乾かせるのに対し、祁門紅茶は炭火を使い乾燥させている。1915年にパナマで開催された世界食品展で金賞を受賞ののち「世界の三大紅茶」(ダージリン・ウバ・祁門紅茶)と称されるようになるが、同時に複雑な製法を簡略化させた香りの悪い粗悪紅茶も増えてしまった。

なお、イギリスの高級紅茶ブレンダーであるトワイニング社はキーマン茶を主体にしたブレンド茶をプリンス・オブ・ウェールズという製品名にて販売している。  [改訂履歴]
お名前                                                  
コメント