登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国料理,中華料理,中国茶
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
ホーム>>TOP>>メニュー
中華料理レストラン情報

中国の四大料理(系統)
中国の十大名酒(銘酒)
中国の八大料理(系統)
中国の十大名茶(銘茶)
出会いクラブ
中国料理&中国茶: 掲示板一覧
中国料理・中華料理
中国茶
中国酒
料理の作り方(レシピ)
レストラン情報
中華街
小香港(お台場)
関連書籍・CD・DVD
 
1.一衣帯水―中国料理伝来史
2.和・洋・中華 プロの 包丁テクニックと飾り切り【新版】
3.点心と小菜 (中国料理の演出)
4.中国のごはん (絵本 世界の食事)
5.薬膳レシピ―マダム・ヤンが女性のからだを考えてつくった
6.これは効く病名別 漢方薬膳料理 (京都書院アーツコレクション 9)
7.人気韓国料理の新・教科書 保存版―伝統的な韓国料理のおいしさを現代のスタイルで (旭屋
8.茶館―中国の風土と世界像 (1974年)
9.明代の料理と食品―『宋氏養生部』の研究
10.アグネス・チャンのやさしい中国料理―健康いちばん!元気になるレシピ! (レディブティッ
  凍頂烏龍(ウーロン茶)     
烏龍茶(ウーロンちゃ)は、中国茶のうち青茶(せいちゃ、あおちゃ)と分類され、茶葉を発酵途中で加熱して発酵を止め、半発酵させた茶である。中国語でいう「青」は「黒っぽい藍色」を指す。青茶に対して、緑茶は茶葉を摘んだ直後に加熱するため発酵の過程がなく、紅茶は完全に発酵させたものを乾燥させたものである。一説によれば烏龍茶という名前は中国広東省で製茶されたお茶の形状や色が烏のように黒く、竜のように曲がりくねっているため名付けられたという。

中国広東省東部の潮州市潮安県で製茶されている「石古坪」や鳳凰山周辺で生産される「鳳凰単叢」が、現在の烏龍茶の祖であると憶測されている。(参考「茶の民族誌」松下智著・1998年)

実際の生産量では中国福建省がトップで、台湾がこれに続く。中国福建省北部にある武夷山市の武夷岩茶が烏龍茶の代表的銘茶として知られているが、日本においては、福建省中部の安渓県で作られる「鉄観音」が、香港においては「水仙」の知名度が高い。台湾産では南投県鹿谷郷の凍頂烏龍茶、台湾中央山脈の梨山、阿里山、杉林渓など標高1000m以上の茶園で生産される高山茶、首都台北郊外で生産される文山包種が質の高い烏龍茶の銘柄として有名。

現在の烏龍茶は中国広東省と中国福建省、台湾などの、いわゆる華南文化圏が主な産地であるが、近年は台湾の製茶技師などの指導によってベトナムやタイの山岳地帯、また独自のタイプの青茶がインドのダージリン地方などでも少量が商業的に生産されている。  [改訂履歴]
お名前                                                  
コメント