登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国の伝統文化
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板

中国の七大伝統的祭日
中国古代の四大発明
中国の四大民間伝説
中国の三大宗教
中国の四大年画
中国の四大刺繍
中国の十大名花
中国古代四大美人
出会いクラブ
伝統文化: 掲示板一覧
漢方と中医
中国伝統文化
漢詩
中国画(水墨画)
旧正月(春節)
功夫(カンフー)・武術
書道
気功・太極拳
関連書籍・CD・DVD
 
1.5分間気功キレイの法則―五分間気功健美功
2.写真で学ぶ 太極剣要訣―楊式太極剣の套路・技術分析
3.宇宙とつながる気功レッスン
4.仙道気功で運気が好転する―幸せをもたらす奇跡の気功術
5.智能気功の健康法―長寿から超寿へ。死ぬまでイキイキ!
6.中国武術 点穴法―簡便な急所攻略法を初公開
7.医療気功 内養功
8.武術武道家列伝
9.少林寺拳法のススメ
10.気功全書―頼れる気功師96人
       
中国春蘭が歴史が長く、宋代にすでに蘭の栽培について記述したものが知られている。鑑賞の基準や芸の名称もそこから流用されたものが多い。中国春蘭は日本のシュンランと同じく、根元から細長い葉が曲線を描いて伸び、春にその根元から花芽が出て、花茎の先端に一個だけの花をつける。

中国春蘭においては、花の形を鑑賞の中心にする。花色はヒスイの緑を理想としている。一般的に言えば、中心に向けてまとまり、調和の取れた花形のものを珍重する。実際には、理想とする花形として三つの型を置き、それに適合するものを銘品として取り上げる。その三つとは、以下の通り。

梅弁(ばいべん)
唇弁は小さくまとまり、副弁は寄り合って、先端部に塊状の構造(兜と呼ぶ)がある。外弁は丸く、短い。宋梅、西神梅など。
水仙弁(すいせんべん)
基本的には梅弁と同じで、外弁が細長く、のびのびとしたもの。龍字、翠一品など。
荷花弁(かかべん)
兜がなく、外弁副弁ともに幅広くて短く、唇弁を中心に抱え込むように咲くもの。大富貴、翠蓋など。
他に、八重咲きや唇弁側の外弁二枚の下側が唇弁状になる胡蝶咲きなどを奇種、唇弁が純白で花弁や花茎に赤い色が出ないものを素心(そしん)と呼んで重視する。

最も品種が多いのは梅弁であって、春蘭の美の標準と見なされている。元も有名な品種の1つである宋梅(そうばい)は、170年代から栽培されているとも言われる。

一茎九花はより大型で、花茎は高く伸び、多数の花をつける。それぞれの花については、中国春蘭での分類を適用する。

恵蘭やキンリョウヘンなどは、むしろ葉に入る模様を楽しむ柄物として鑑賞される。日本へは奈良時代にすでに一部がもたらされたとの説もあり、平安、鎌倉以降も栽培の記録があるが、盛んになったのは、江戸時代、亨保年間といわれる。  [改訂履歴]
お名前                                                  
コメント