登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国の伝統文化
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板

中国の七大伝統的祭日
中国古代の四大発明
中国の四大民間伝説
中国の三大宗教
中国の四大年画
中国の四大刺繍
中国の十大名花
中国古代四大美人
出会いクラブ
伝統文化: 掲示板一覧
漢方と中医
中国伝統文化
漢詩
中国画(水墨画)
旧正月(春節)
功夫(カンフー)・武術
書道
気功・太極拳
関連書籍・CD・DVD
 
1.5分間気功キレイの法則―五分間気功健美功
2.写真で学ぶ 太極剣要訣―楊式太極剣の套路・技術分析
3.宇宙とつながる気功レッスン
4.仙道気功で運気が好転する―幸せをもたらす奇跡の気功術
5.智能気功の健康法―長寿から超寿へ。死ぬまでイキイキ!
6.中国武術 点穴法―簡便な急所攻略法を初公開
7.医療気功 内養功
8.武術武道家列伝
9.少林寺拳法のススメ
10.気功全書―頼れる気功師96人
  七夕節     
七夕節は旧暦7月7日です。その日に、織女星と牽牛星が天の川をわたって年に一度のデートを許されるというのが「牛郎と織女の物語」です。

むかしむかし、天帝という神様が星空を支配していたころ、天の川の西の岸に、織女(しょくじょ)という天帝の娘が住んでおりました。織女は機織り(はたおり)がたいへん上手で、彼女の織った布は雲錦と呼ばれ、色も柄も美しく、丈夫で着心地も軽い、素晴らしいものでした。

一方、天の川の東の岸には、牛飼いの青年、牽牛(けんぎゅう)が住んでおりました。牽牛は、毎日天の川で牛を洗い、おいしい草を食べさせたりと、よく牛のめんどうをみる働き者でした。

天帝は、くる日もくる日も、働いてばかりいる娘を心配して、娘の結婚相手をさがすことにしました。そして、天の川の向こう岸に住む牽牛をみつけると、2人を引き合わせ…
 「おまえたち2人は、まじめによく働く。牽牛よ、わしの娘、織女と夫婦(めおと)にならぬか?」

。。。。。


>> さらなる詳細情報または関連情報
お名前                                                  
コメント