登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国の伝統文化
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板

中国の七大伝統的祭日
中国古代の四大発明
中国の四大民間伝説
中国の三大宗教
中国の四大年画
中国の四大刺繍
中国の十大名花
中国古代四大美人
出会いクラブ
伝統文化: 掲示板一覧
漢方と中医
中国伝統文化
漢詩
中国画(水墨画)
旧正月(春節)
功夫(カンフー)・武術
書道
気功・太極拳
関連書籍・CD・DVD
 
1.5分間気功キレイの法則―五分間気功健美功
2.写真で学ぶ 太極剣要訣―楊式太極剣の套路・技術分析
3.宇宙とつながる気功レッスン
4.仙道気功で運気が好転する―幸せをもたらす奇跡の気功術
5.智能気功の健康法―長寿から超寿へ。死ぬまでイキイキ!
6.中国武術 点穴法―簡便な急所攻略法を初公開
7.医療気功 内養功
8.武術武道家列伝
9.少林寺拳法のススメ
10.気功全書―頼れる気功師96人
  活版印刷     
活版印刷(かっぱんいんさつ)とは、活版(活字を組み合わせて作った版)で印刷すること。また、その印刷物。鉛版・線画凸版・樹脂版などの印刷も含めていう。活版刷りともいう。

活版印刷術が、いつ頃、どこで発明されたか、詳しいことは分かっていない。活字自体は、かなり早くから発明されていたようだが、活字を並べた組版による印刷では、11世紀、北宋の工人畢昇(ひっしょう)の名が知られる。これは 沈括(しんかつ)による「夢渓筆談」(むけいひつだん)に記されているもので、それによれば、彼は1041〜1048年頃に、膠泥(こうでい)活字を用いて、これを行ったという。また、元代の人王禎(おうてい)の「農書」(1313年)には、木活字3万余字を作り、これらを彼の設計による回転活字台に韻によって並べたこと、それを用いて印刷したことが記されてる。以上のことから、活版印刷術は、どうやら中国において、最初に発明されたものらしい。

より確かな記録が残るものでは、高麗の「詳定礼文(しょうていれいぶん)」が挙げられる。この書物の跋文には、同本を、1234〜1241年頃に、鋳造による活字で28部印刷したことが記されている。現物は、残念ながら失われている。また、高麗開城の墓からは、この時代のものと考えられる銅活字が見つかっている。現存する最古の活字による印刷物は、高麗末、1377年頃、清州の興徳寺において印刷された、「白雲和尚抄録仏祖直指心体要節 (はくうんおしょうしょうろくぶっそじきししんたいようせつ)」である。これには、木活字と銅活字が用いられている。

西洋における活版印刷は、極東の活版印刷術とは恐らく全く無縁に、15世紀に発明された。一般に、ドイツのグーテンベルクがこの発明者であるとされるが、正確にはよくわかっていない。グーテンベルクより早く、オランダ人コステル(Laurens Janszoon Coster)が、1423年頃に発明していたとする説も有力で、またその他にも諸説ある。しかし、少なくとも、グーテンベルクによって、活版印刷術が広く知られるようになったのは確かである。この技術はルネサンスの三大発明ともいわれるほど、社会に大きな影響を持つこととなった。かつては社会のごく一部の階層にしか書物が読まれることはなかったが、グーテンベルクの発明以降、(当初はまだ高価なものであったが)次第に書物は普及し、今日では、誰でも読むことができるようになった。(なお、15世紀に印刷された本を特にインキュナブラと呼んでいる)

日本では16世紀末のキリシタン版や江戸時代初期の嵯峨本など、例外的に活字を用いた印刷が行われたが、縦書きの崩し字を活版で印刷するのはかえって手間がかかるという事情があって普及せず、江戸時代にはもっぱら木版印刷(一枚の板で版を作るもの)が盛んになった。活版印刷が広く行われるようになるのは明治時代以降である。  [改訂履歴]
お名前                                                  
コメント