登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国の伝統文化
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板

中国の七大伝統的祭日
中国古代の四大発明
中国の四大民間伝説
中国の三大宗教
中国の四大年画
中国の四大刺繍
中国の十大名花
中国古代四大美人
出会いクラブ
伝統文化: 掲示板一覧
漢方と中医
中国伝統文化
漢詩
中国画(水墨画)
旧正月(春節)
功夫(カンフー)・武術
書道
気功・太極拳
関連書籍・CD・DVD
 
1.5分間気功キレイの法則―五分間気功健美功
2.写真で学ぶ 太極剣要訣―楊式太極剣の套路・技術分析
3.宇宙とつながる気功レッスン
4.仙道気功で運気が好転する―幸せをもたらす奇跡の気功術
5.智能気功の健康法―長寿から超寿へ。死ぬまでイキイキ!
6.中国武術 点穴法―簡便な急所攻略法を初公開
7.医療気功 内養功
8.武術武道家列伝
9.少林寺拳法のススメ
10.気功全書―頼れる気功師96人
       
紙が発明される前から人はいろいろな物を利用して文字を記録してきた。バビロニアでは粘土版、古代エジプトではパピルス(Paper の語源である)という植物の幹を薄く削ぎ、それを直角に交叉させおし叩いて接着した物を使用し、古代ローマではパピルスと羊皮紙、古代中国では木簡、竹簡などが文字を書き記すために用いられた(日本語「かみ」の語源も簡(かむ)と考えられている)。他にも、貝葉(貝多羅、ヤシの葉を加工したもの)が用いられたが、いずれもさまざまの欠点を持っていた。

中国の史書には105年に後漢の蔡倫が発明したと伝えられ、長く信じられてきたが、前漢時代と推測される遺跡から紙が見つかったためこの説は覆った。蔡倫は発明者というよりは改良者だったらしい。紀元前 2 世紀から紙が存在していたとする研究もあるが、確認はされていない。751年にタラス河畔の戦いでアッバース朝軍に捕えられた唐側の捕虜に紙職人がおり、製法が中国からイスラム世界に伝わったとされ、8世紀の半ばに中央アジアのサマルカンドで紙が生産されたことが確認されている。イスラム世界ではそれまでのパピルスや羊皮紙に比べて安価・軽量であったことから広まり、12世紀までにイベリア半島のアンダルス地方でも生産されていた。ヨーロッパへはここから伝わったようである。

印刷術が完成すると、大量の出版物が出されるようになり紙の需要は急増していった。現在では、コンピューターの導入によってペーパーレス化が進んでいると言われている。だが、紙の特徴の一つである軽便さにおいては紙に代わる水準に達していない事や技術革新によるコンピューターの互換性の問題(現在使われているコンピュータのデータが数百年後に引き出しが可能であると言う技術的な保証がない)もあり、早晩に紙が使用されなくなる事は考えにくいとされている。  [改訂履歴]
お名前                                                  
コメント