登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   「ひとりの国語」   
日本一の国語が帰って来た(笑) 灘中受験(国語)の教材を作る気になったので、しばらく更新します。  
  うまくやりたい     
2017-01-11 22:46:01


  だれだって「うまくやりたい」。自分が「これだ!」思う「うまくいきそうな方法」を選んで、納得いくようにやりたい。そんな試行錯誤を邪魔しないのがプラグマティズムの精神だ。日本人は、敬語を使って厄介な他人との距離を取ろうとする「他人行儀」を臨機応変に取り入れるが、形だけの尊重は冷淡の裏返しでもある。はたしてそれを、「冷淡だ!」と非難できるだろうか。新興宗教の勧誘やビジネス上の甘い言葉以外に、冷淡でないものがそう簡単に見当たらないのだから……。「手を差し伸べなければ、不利益を蒙る場合」と「手を差し伸べたら、利益を得る場合」を反例としえてあげたくなるが、それは別の枠に入れておこう。身内との馴れ合いもまた別の枠に入れる。そうやって分けてみると、純粋に越境する人は、やはりどこか変だ。信念の人なのだろうか、おせっかいな人なのだろうか。信念ならだれもが持っている。彼だけが真理を持っている保証はない。迷惑な話だ。

というような事情があって、形だけの尊重を大事にできない人は、なれなれしく他人の内面へと越境する怪しい人間として警戒される。そして、そのような警戒は、常識的に正しい。結果として伝わらなければ、他人に善かれと思って行動する変人と、自分の一方的な思いを押し付けるストーカーや詐去tの違いは明確でない。かりに「わたしは詐去tではないよ」と自己錐垂オてみても、それは何の足しにもならない。プラグマティズムの主張している「美しい言葉」もそうだが、わたしがこうやって書いている言葉も、当人との関係性がどうなっているのか、他人は知る由もないので、わたしが自己吟味する必要がある。

プラグマティズムは結果を大事にして、結果をもとに手段を吟味する。クリスチャンの父が、息子の傷に心を痛め、尊い聖水を傷口にかけようとしたとき、息子は「やめろ!」と叫ぶ。父は聖水を洗い去る。聖水をみずから洗い去ったことは、固く守り続けた信仰をゆるがす行為である。父は愛を拒絶された痛みとみずからの不信によってずたずたに引き裂かれ、うめきながら苦しんだだろう。翌年、父は癌で亡くなる。この父の行為は、相手を尊重するというあたりまえのルールを守っておらず、他人に価値観を押し付けたという理由によって、明確に「間違っている」と言える。息子の「やめろ!」は正しい。息子が父の信仰を傷つけたことは問題ではない。父が無闇に越境したのだから。明確な基準に基づいた行動には、結果論を取る必要がない。父がそのことを理解して、聖水を洗い去ったのもまた、正しい身の処し方だと言えるだろう。また、聖水を洗い去ったことで傷が悪化することはなかったのだから、父が信じていた聖水は、根拠のない迷信だったと言えるだろう。「愛」などという曖昧な言葉を使うのは、取り越し苦労のおせっかいを正当化する方便にすぎない。わたしたちが生きているのは、そういう社会だ。そういう社会に生きているのだが、空を見上げれば明るい。何なんだこの明るさは。空をひときわ明るく感じているのは、わたしの感傷のせいだから、感傷的になってはならないのはわかる。そう思いながらも、わたしはその痛みを現に確かな具体的経験として感覚する一方で、正論をぼんやりとした頭で咀嚼しているにすぎない。こういう場合には、感覚が実在するものとして優先される。しかし、この感覚は、美的観念と気性の問題にすぎない「わたしの真理」として、わたしだけが尊重するものである。そうやって、個々人もプラグマティズムできる。

さて、そんな個人的な独り語りをどう聞くか。それは、聞き手の側の自由であるはずだが、国語は一定の答えを求める。言葉と心に寄り添うという前提を共有しないなら、感傷や価値観の押し付けだと感じるだろう。それは一概に間違っているわけではないが、国語の世界では間違っているとする。たしかにちょっと狭い。もう国語はうんざりだと思う人の中には、そろそろ自分で哲学してみればいいかもね……という段階の人もいる。一方で、常識の欠如した人も多いから、とりあえずの一致が自分に可狽ネのかを、恐れずに試してみるといいだろう。その結果、どうやら非常識らしいということがわかっても、そこから二通りの道があるだろう。

二つの可柏ォが開かれていることくらいなら、他人が鮮明にして見せることはできる。同じ可柏ォが等価のものとして開かれている瞬間に、「これしかない!」というように見えてしまったひとつの可柏ォとは、その人の現実の気性そのものである。それをふまえて、現にある今の自分を認識し、可柏ォへと開くこともできるだろう。




 
    記事一覧

    · 著作権のお話   2017-01-18 13:29

    · 相槌について(3)×   2017-01-17 14:06

    · 相槌について(2)おっ   2017-01-17 13:42

    · 相槌について(1)うん   2017-01-17 13:39

    · 相槌について(はじめに)   2017-01-17 13:37

    · モロッコ6   2017-01-17 00:34

    · まとめ2   2017-01-14 12:54

    · まとめ1   2017-01-14 12:52

    · 実験結果5(後半)   2017-01-13 18:21

    · 実験結果5(前半)   2017-01-13 18:20

    · 実験結果4(後編)   2017-01-13 15:20

    · 実験結果4(中編)   2017-01-13 15:16

    · 実験結果4(前編)   2017-01-13 15:15

    · 実験結果3(後編)   2017-01-13 12:59

    · 実験結果3(中編)   2017-01-13 12:54

    · 実験結果3(前編)   2017-01-13 12:53

    · 実験結果2(後半)   2017-01-12 22:54

    · 実験結果2(前半)   2017-01-12 20:37

    · 実験結果1   2017-01-12 15:07

    · 実験4   2017-01-12 14:28

    · 実験3   2017-01-12 14:27

    · 実験2   2017-01-12 14:25

    · 実験1   2017-01-12 13:45

    · うまくやりたい   2017-01-11 22:46

    · なんだろうねー   2017-01-11 12:23

    · あけましておめでとうございます   2017-01-01 07:40

    · メリークリスマス   2016-12-25 05:19

    · モロッコ5   2016-12-22 05:51

    · モロッコ4   2016-12-18 09:38

    · モロッコ3   2016-12-16 01:06

    · モロッコ2(2日目)   2016-12-14 21:00

    · モロッコ1   2016-12-14 20:27

    · 困ってる方はご参考に   2016-12-02 10:56

    · 読書日記   2016-11-23 08:33

    · 王子動物園   2016-11-04 14:04

    · 灘中教材進捗(その19)   2016-10-14 16:58

    · 灘中教材進捗(その18)   2016-10-13 16:58

    · 灘中教材進捗(その17)   2016-10-10 07:45

    · 宇治拾遺物語おすすめ(その4)   2016-10-08 19:50

    · 灘中教材進捗(その16)   2016-10-07 13:43

    · 灘中教材進捗(その15)   2016-10-06 10:25

    · 灘中教材進捗(その14)   2016-10-04 21:43

    · 灘中教材進捗(その13)   2016-10-03 18:33

    · 灘中教材進捗(その12)   2016-10-02 19:35

    · 灘中教材進捗(その11)   2016-10-01 23:21

    · 灘中教材進捗(その10)   2016-10-01 01:55

    · 灘中教材進捗(その9)   2016-09-30 19:10

    · 灘中教材進捗(その8)   2016-09-29 09:02

    · 灘中教材進捗(その7)   2016-09-28 18:44

    · 灘中教材進捗(その6)   2016-09-28 08:11

お気に入りとしてこのブログを保存
   このブログの閲覧者は下記のブログにも興味を示した   
    · ジャパンダ洋洋のブログ

    · HAKATA外国語スクール

    · トミモの『中国原書とドラマを求めて・・・』

キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り