登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   中国、西安 旅日記   
西安を中心とした中国での旅行・観光日記、西安での出来事・思い出などを公開しています。

記事一覧を表示する   
  東へのドライブ旅行(3)     
2019-01-31 00:04:24


四日目、午前中は海岸へ。まず東西連島につながる海棠北路の北側の広場に行った。そこで海を見たり土産物店を覗いてみたりした。その後、海棠北路を更に進み、海を埋め立てて造った道を走り、東西連島に行く。漁村・民家がありそうな西環道路を進み、漁港の船を見た。漁港は大陸に面しているが、駐車場から太平洋・黄海側の海辺が見えたので、そちら側に移動してそこから海を眺めた。 海島南路、海島東路を走り、?小平の記念碑がある高台から海を眺めた。有料道路のゲートの前で引き返して、連云港の市街へ行くことにした。連云港はかつて海州と呼ばれ、慈覚法師(円仁)が来たところでもあるので、旧城を見てみたいと思った。港城大道(蓮河線、海連中路、海連西路)など走って、幸福路を南に進み、海州古城景区を観光。鍾鼓楼城門、凖提寺を見たが作りものめいていて、趣がまったく感じられなかった。 午後二時近くなったので、今日の目的地・淮安へ出発。昨晩、淮安に行... [続きを読む]
 
  東へのドライブ旅行(2)     
2019-01-29 11:00:27


二日目、  今日も出発が少し遅くなってしまった。昨日も走ったG55洛南高速走り、G30(連霍高速)に出て、今日の目的地の徐州を目指す。鄭州、開封、商丘を経て徐州のホテル(徐州云?万?广?和?酒店)に到着した時はすでに5時近くになっていた。ここは項羽が都を置いたところで有名だが、今回の旅行では「経由地」という設定なので観光は予定していない。レストランを調べ漢王府か?来風に行くことにして、タクシーで戸部山?行街に移動した。?行街の入口に?来風があったが、漢王府を目指して?行街の中に入っていったが、店が閉まっていたので、引き返してきて?来風で食事をした。どうやら漢王府は閉店したらしかった。 1.戸部山?行街入口 2.戸部山?行街 3.戸部山?行街 4.?来風 三日目、今日の目的地は連云港。西安と隴海鉄路で結ばれた太平洋に面した港町だ。隴海鉄路は、1909年に開封と洛陽した鉄道線路を拡張... [続きを読む]
 
  東へのドライブ旅行     
2019-01-26 00:53:54


一日目 洛陽 2016年の国慶節は自宅で過ごし、2017年の春節には妻と関西に旅行しただけで、夏にも日本に一時帰国して中国旅行をしなかった。国慶節も2年続けて自宅で過ごしたが、2018年の春節に1年半ぶりに中国国内のドライブ旅行に出掛けた。ただ、その直前に日本に一時帰国していたので、きちんとした計画を立てられないままにとにかく東に向かうというテーマで出発することにした。G30高速道路を東に進む旅である。 一日目は、洛陽・白馬寺に出掛けた。出発するのが遅くなってしまったため、G30高速道路に入る前に西安環状高速で車が多かったこともあって時間がかかり、白馬寺に到着した時にはすでに午後3時過ぎになってしまった。2004年に開封に1週間滞在したときに白馬寺を見学したが、雨が降っていて疲れていたのか観光に身が入らない状態で、山門の景色だけ記憶にあるが、何を観たかほとんど覚えていない(もしかしたら時間の関係で参観し... [続きを読む]
 
  漓江 2018.6.23 ? 24     
2018-08-13 23:09:30


6月23日に広西師範大学出版社が主催した会議に同門の先生の紹介で招待された。金曜日の朝の授業が終わった後、飛行機で桂林へ。西安と桂林は直行便で結ばれていて、(今回は交通費もかからなかったが)航空チケットも安く便利だ。 23日の夜、会議・出版物紹介が終了して食事会も終わった後、一人で桂林市内の漓江の観光船に乗った。宿泊していた桂林碧玉国際大酒店というホテルの観光カウンターはすでに終わっていたので、ホテルを出てなんとかタクシーを見つけて乗った。夜船の乗り場に行きたいと言うと、桂林両江四湖售票処(たぶん正規のチケット売り場)に連れて行ってくれたので、そこでチケットを購入して船の乗り場(濱江二号碼頭)まで行った。途中から、こんな方法でタクシーに乗っていては騙されるかもしれないと思ったのだが、親切な運転手で乗り場の場所に間違いがないか車を降りて確認してくれた。船のチケットは220元で安くはないが、21:30出発の船... [続きを読む]
 
  雲崗石窟と内モンゴルドライブ旅行(6)7.28     
2018-08-12 13:59:20


六日目、西安に戻る。西安まで距離がかなりあるので、どこにもよらず高速道路を走って帰った。銀川からG20青銀高速を南東に進み定辺県へ、G20を更に東に進み靖辺県でG6包茂高速を南に進み、延安を経由して西安へ向かった。敦煌、内モンゴルなど沙漠を見るのはこれで3回目だ。降雨量は少ないが、内モンゴルには黄河が流れていて河や湿地帯があることが実感できた。現代の都市を砂の流動性でたとえる人もいるが、道が砂に浸食されていく様子など砂の力は圧倒的だ。今回、雲崗石窟を見学したので、中国4大石窟と呼ばれる石窟をすべて見学したことになる。甘粛省天水の麦積山石窟は2010年、甘粛省敦煌の莫高窟は2013年、2015年にドライブ旅行をした。麦積山石窟、龍門石窟は比較的近いが、莫高窟、雲崗石窟はかなり距離がある。往復・観光の走行距離は、莫高窟が約4000キロメートル、今回の雲崗石窟が約3000キロメートルだ。 [続きを読む]
 
  雲崗石窟と内モンゴルドライブ旅行(5)7.27     
2018-08-12 01:06:40


五日目、今日の目的地は寧夏回族自治州の州都・銀川。午前中はバヤンノール近郊で、黄河三盛公水利枢紐工程と馮玉祥西北軍粮倉博物館を見学する。昨日も通ったG6京蔵高速磴口インターから一般道へ降り、黄河三盛公水利枢紐を見学した。近くにレジャー施設の観光地があったが入らず、黄河の河べりから黄河を眺めた。その後、馮玉祥西北軍粮倉博物館をさがしに磴口の町へ行く。この博物館は地図で場所が見つからなかったので、とりあえず磴口県博物館に行き場所を尋ねるつもりだったが、残念ながら休み時間なのか門が閉められていた。近くにいた地元の人に馮玉祥西北軍粮倉博物館の場所を尋ねると、磴口の町の旧市街にあると教えてくれた。その場所に行くと、午後3時まで昼休みということで見学はあきらめて外から眺めた。 G6京蔵高速で銀川に向かう。これから先は道の北側を黄河がながれる。基本的に沙漠の間の道であり、途中で烏海市の工場が目に入ってきて奇異な光景に感... [続きを読む]
 
  雲崗石窟と内モンゴルドライブ旅行(4)7.26     
2018-08-11 02:08:46


四日目、朝食後、今日の行先をスマートフォンなどで調べて、阿貴廟と納林湖景区へ行くことにした。 阿貴廟は、砂漠地帯の岩山にある紅教ラマの寺院で、清朝仁宗の時(1798年)に清朝によって建てられたものだ。宗乗寺と名付けられ、最盛期には寺院にはラマ教僧が400人に上り、壮大な規模を誇ったらしい。現在の大雄宝殿は1984年に再建されたもので、1996年には金剛殿と白塔が再建されている。多くの観光客を見込んで観光開発が進んでいるという記事があったが、今回観た限りでは観光開発はそれほど順調に進んでいるようには見えなかった。G7高速を降りてから、バヤンノール臨河区からG7高速に入り、杭錦後旗の北側を通り大樹湾郷に近いインターからS312五烏線に出て40キロメートルほど進めば到着する。しかし、この道は途中から道を掘り返す工事の途中の状態で、進むことはできるのだがとても走りにくく時間がかかった。沙漠に浸食されて道路が壊... [続きを読む]
 
  雲崗石窟と内モンゴルドライブ旅行(3)7.25     
2018-08-08 16:24:09


三日目、今日は大同から内モンゴルに入り、バヤンノール(巴彦??)へ向かう移動日だ。応県木塔を観ることにきめたので、まず応県に向かう。応県は、一日目に北上したG55(二広高速)を50キロメートルほど南に戻った大運インターからG18栄烏高速を東へ15キロメートルの所にある。応県にとって木塔は大きな観光資源だろうが、残念なことに塔の内部は補修をしているということで一階しか観ることができなかった。二階三階などに多くの展示物もあるということだったので、塔に登りたかった。入場しないで外から見れば十分だと他の観光客も言っているのが聞こえてきた。 昼過ぎに応県を後にして、バヤンノールに向かった。ルートは二つある。一つは北上して内モンゴルに入り、フフホト方向へ西に進む方法である。もう一つは、西行してオルドス(尓多斯)方向に向かい、途中でフフホト方向へ北上するものである。大同からであれば、北上するコースを採ったのだが、応県に... [続きを読む]
 
  雲崗石窟と内モンゴルドライブ旅行(2)7.23-7.28     
2018-08-07 21:04:07


二日目、午前は、ホテルから約20キロメートルのところにある雲崗石窟を見学した。雲崗石窟は観光地として整備されており、http://www.yungang.org/ というホームページもある。60歳以上は入場料不要ということで、身分証明を提示して入場した(今回は山西省の三つの観光施設で入場料が免除された)。入場料が免除されたので嬉しくなって勧められるままに、『雲崗石窟』という書籍を購入した。 雲崗石窟観光地は、霊岩寺の復古建築物を通ってから石窟の前にでるように設計されていた。石窟は第1窟から第20窟までが見物できるようになっていたが、11窟から13窟は門が閉められていて観ることができなかった。昨日からの疲れか、一学期の疲れかわからないが、疲れが抜けず、途中ベンチに腰かけて休憩し、欧米人らしき白人の若い女性が大仏を写生しているらしい様子を眺めながら居眠りなどをした。石窟の中には、とても多くの仏像があり、圧倒的... [続きを読む]
 
  雲崗石窟と内モンゴルドライブ旅行(1)7.23-7.28     
2018-08-06 23:40:51


 7月21日に夏休みになった。今回は29日から一週間旅行することにして23日の週にゆっくり計画を立てるつもりだったが、妻の休暇取得の関係で急遽23日から旅行することになった。先ず山西省の大同に行き雲崗石窟を見学。内モンゴルの横断。内モンゴルではバヤンノール(巴彦??)で2泊。銀川を経由して西安に戻ってくるドライブ旅行。計画を立てはじめると、「木下杢太郎の『大同石仏寺』を読みながら、大同の町や雲崗石窟を観たい」「内モンゴルの草原ツアーにも参加してみたい」といった考えが浮かんでくるが、今回は雲崗石窟見学と内モンゴルのドライブ旅行にしぼることにした。バヤンノールで観光する場所を調べるのは妻にまかせて、計画の大枠を決めてホテルを予約した。銀川は経由地で一泊するだけで観光しないことに決めて、雲崗石窟と内モンゴルドライブ旅行へ出発した。  一日目、朝早く(6時頃)西安を出発して大同へ。環状線からG5高速を走行し、太原... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り