登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   yuyakuripp 中国三都物語(大連・煙台・咸陽)   

記事一覧を表示する   
  “??面”という「そば」     
2017-07-15 13:16:31


陝西省の今の大学に来て驚いたのは麺食の多さ。 その中で今まで僕が比較的多く食べてきた麺に“??面”というのがある。 「それはラーメンじゃないの?」 と両親に聞かれたが、ラーメンじゃない。 「そばだよ」 と答えたものの、本当にそばなのか、ちょっと自信がなくなってきたので調べてみた。   やはりもともとはそば粉とコーリャン粉が原料らしい。 でも今はコーリャン粉の代わりに小麦粉を使っているようだ。 僕はてっきりここ陝西省の特産品かと思ったら、お隣の山西省の南部の“??面”が一番歴史が長くて有名とのこと。 他に有名な場所としては河北、河南、内モンゴル、甘粛省など中国の北方でよく食べられていることが分かる。 以前大連や山東省の煙台に住んだことがあったが、道理であちらの東のほうでは目にしなかったわけだ。   写真はスープがあるが、中にはスープなしのものもある。 他の地域は知らな... [続きを読む]
 
  着信アリ     
2017-07-14 10:30:10


中国人の同僚の先生の自宅に招かれた時だった。 「あっ、知らないうちに“未接??”が来てるわね。そう言えば日本語で“未接??”は何と言うんですか?」 この質問に、しばし僕は考え込んでしまった。 すぐそこまで答えが出かかっているのに瞬間的に出てこない。 「ええっと…、ちょっと待ってください、そのうち思い出しますから」 とその場を取り繕って、後でやっと思い出した答えは 「着信」 という言葉だった。   この言葉がすぐに出てこなかった理由は、今思うに二つある。 一つは僕が2005年に初めて中国に留学して以来、ケータイはずっと中国で使ってきた。 それ以前に日本でも若干使っていたわけだけども、進歩の速い通信業界の話だ。 僕が知っているケータイ用語は中国語ばかりで、それを日本語で何ていうか、しらないことが多い。   それから二つ目は言葉の問題である。 今回のケースは日中の言葉で... [続きを読む]
 
  うんちの中国語     
2017-07-13 10:11:07


用事があって飼い犬のjoy君をペットショップにあずけるたびに、 “最近吃拉都正常??” と聞かれる。   “吃”食べる、“拉”はうんちをする、の意。 つまり「最近食事とうんちは問題ないでしょ?」 と聞いているわけだ。   さてこの“拉”という動詞、本来は「〜を引っ張る」という他動詞だ。 ところが犬などのペットがうんちをするというとき、中国語では “拉屎”(la shi) という言い方をする。 “屎”は「うんち」のことだ。そうすると 「うんちを引っ張る」 という訳になってしまう。 まさか自分で肛門に手をつっこんで引っ張り出すわけじゃあるまいし、僕はこの表現に長いあいだ違和感を抱いていた。   つまりは“拉”を(力んでひも状のものを)「押し出す」と考えればいいようだ。 ところが中国語にはこれとよく似た意味の動詞がある。 “?”(ji) という動詞が... [続きを読む]
 
  日本のお坊さんって、みんな妻帯していいの?     
2017-07-12 10:00:40


中国の学生と話していると、日本のお坊さんについての質問が少なからずある。 「日本のお坊さんは結婚してもいいんですか」 と彼らは興味津津である。   ちなみに中国のお坊さんの堕落ぶりもよく耳にするものの、中国のお坊さんは今も結婚が認められておらず、みんな独身だ。 それから日本人は以外に思われるかもしれないけども、中国のお坊さんはお葬式に呼ばれたりしない。 お葬式の時に呼ばれて読経するというのは日本だけの習慣だ。 当然インドにもそういうことはない。   さて、祖母の49日から帰ってきた母の話を聞いた。 式場で読経したお坊さんが最近念願の結婚をしたそうだ。 このお坊さん、年齢は36歳、宗派は天台宗とのこと。 写真でみると髪の毛も剃髪していない。 僕はてっきり妻帯していいのは親鸞に始まる浄土真宗だけかと思ったが…。 そのへん、どうなっているのか調べてみた。   ... [続きを読む]
 
  小5の甥っ子の日本語に感心     
2017-07-10 10:21:35


帰国したら自宅に小5になる甥っ子の絵が貼ってあった。 生まれながらの電車オタクである甥っ子。 字のほうは相変わらず汚い。 が、電車の絵のほうは結構進歩したように見受けられる。   ふと下の枠で囲ってある説明に目がいった。 「アキュムとは  からす山線などで走っていて、電化区間はパンタグラフで、非電化区間はじゅうでんされた電力で走る」   これは自分で考えて書いた説明なんだろうか? 普段外国人に日本語を教えている自分の目から見ると、すばらしく完全な日本語に見える。   「Aは〜で、Bは〜で」という並列の主語が「走る」という動詞を正しく修飾している。 主語のあとの対比を表す助詞「は」の使い方、手段・方法を表す助詞「で」の使い方、「じゅうでんされた」という受身動詞の使い方等、完璧だ。   小5の子どもがきちっとこういう文を書けるのは当たり前なのかな?... [続きを読む]
 
  「編制」のある仕事     
2017-07-09 10:59:04


昨日の“事??位”という言葉と同じように、今年就職した4年生や就職活動を控えている3年生の口から時々聞く言葉が“?制”(bian zhi)という言葉だ。   実はbian zhiが“?制”で良いのか、本当は知らない。 でも発音と意味から判断するに、多分“?制”で間違いないだろう。   最初に聞いたのは教師採用試験(いわゆる“招教”)を間近に控えた4年生の学生と話しているときだった。   「“?制”があるところが安定してて一番いいんです。福利厚生なども含めてとても待遇がいいんですけど、この仕事にありつくのはとても難しい。次は学校と契約して仕事する契約教師です。でも契約期間が切れたら次に続けて契約更新できるという保証はありません。トップの意向次第です。いらないと思われれば出て行くしかありません…」   その後も何回か“?制”という言葉を聞く機会があった。 意... [続きを読む]
 
  「事業単位」って…?     
2017-07-08 10:31:46


「私の母は“事??位”で働いてるんです。だから仕事もけっこう楽で。残業も少ないし、私も将来母みたいに“事??位”で働くのも悪くないなと思ってます。でも、仕事がそんなに面白そうじゃないけど…」   僕にこう語ってくれたこの女子学生は今3年生。 勉強はよくできるほうだ。 が、他の学生よりおっとりしていてガツガツしているところがない。 寮での集団生活も、どことなくなじまないところがあるようで、僕に悩みを打ち明けたこともあった。 母親が上記の“事??位”で働いており、どうやら父親の職業も安定しているようだ。 本人は一人っ子で(実は一人っ子はめずらしい)、割と裕福な家庭で育ったとみている。   この“事??位”とは一体何なんだろうか。 多分公務員のような仕事だということは分かっていたけど、“事??位”は特定の職業の名称ではないことは明らかだ。 ちなみに“?位”とは中国語でよく使われ... [続きを読む]
 
  駅前で野宿     
2017-07-07 10:16:32


7月3日夜中12時ごろ羽田空港から出てきた。 何のためらいもなく、京急の切符を買って改札を通った。 前回、冬に帰国した時も羽田から帰ったはずだけど、記憶が全然ない。 京急蒲田で乗り換えて品川を目指すつもりだった。   電車に乗ってすぐにアナウンスが流れた。 「京急蒲田より先、品川方面への電車は、本日すでに終了しております…」 それを聞いて慌てた。 終電のことなんか、一切頭になかった。 バス?いや、こんな夜中にバスがあるはずないか…。あとはタクシーだけ?   蒲田駅前にはタクシーがたくさん並んでいたものの、夜間割増料金で高田馬場まで乗ったらいくらかかるのか、全く予想がつかなかったのでやめ。 地図を見ると歩いて10分ほどのところにJRの蒲田駅があるようだった。 道すがら商店街を抜けて、ゴロゴロスーツケースを引きずって歩いていると、 「お兄さん、遊んでいかない?かわいい女... [続きを読む]
 
  アシアナ航空とインチョン空港     
2017-07-06 12:47:37


7月3日。4ヶ月半ぶりの帰国。 煙台空港から韓国のアシアナ航空に乗る。   実は韓国の飛行機に乗るのは初めて。 乗り継ぎだけのインチョン空港だけとは言え、韓国に降りるのも初めて。 中国は僕にとってもう外国ではないが、韓国は純粋に「外国」だ。 韓国語は全然わからない。ハングルもチンプンカンプン。 そこで久々に「外国」を味わう機会とあり、僕は密かにワクワクしていた。   搭乗開始。 早速「○○○○○○セヨ〜」という全然分からない挨拶が。 でもスッチーたち、満面の笑顔で乗客を迎えた。 やっぱりこの笑顔と比べると中国の航空会社のスッチーはまだ表情硬いんだな、ということが分かった。   離陸前に一人のスッチーが入国カードらしきものを配り始めた。 僕の番になって、「○○○○○○○○?」と韓国語で尋ねられ、さっぱり意味不明。 それを見て取ったそのスッチーは「チャイニ... [続きを読む]
 
  「恐竜の卵」     
2017-07-05 11:10:33


日本に帰国する前の三日間、いつものように山東省の煙台へ寄った。 ここで先生のもとで太極拳の稽古をして帰る。   午後稽古を終えてホテル近くのチェーン店で夕食。 ごはん一杯、西?柿炒?蛋(トマトと卵の炒めもの)ひと皿、交??一つ。 食べ終えてから、微妙にまだお腹に余裕があった。   ホテルに帰る道すがら、通りの右手に小奇麗なパン屋を見つけた。 “欧美香”という名の洋風のパン屋だった。 中に入ってパンを物色すると、一つ面白い名前のパンを発見した。   “恐?蛋”(恐竜の卵)   言われてみればそんな風に見えなくもない。 実は表面はメロンパンとさして大差ない。 でもこれを「恐竜の卵」と名付けるところに、僕は中国人らしさを感じた。   名前は個性的だけど、一体どんな味なんだろう? 一個4元、拳より一回り大きいの「恐竜の卵」なら、小腹を満... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
   このブログの閲覧者は下記のブログにも興味を示した   
    · 中国大連生活・観光旅行通信

    · 内モンゴル留学日記

    · imagebox

    · 今村真美のHappy Mamie Style

    · よろしく大連

   + もっと多くのブログ  
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り