登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   雲南、見たり聞いたり感じたり   
雲南で暮らして感じた不思議なこと、おいしい食べ物などなど

記事一覧を表示する   
  ベルギー編4 ビールはよく味わおう     
2018-10-27 10:46:35


ブルージュの町の食料品店。けっしてビール専門店ではないところがすごい。 【がぶ飲みしないビール】 ゆったり時間のベルギーでのサーブで、例外はビール。これは早かったです。生ビールも人気ですが、当たり前のようにスーパーですら数百種類を超える瓶ビールが置かれていました。この瓶ビールも料理店で人気でした。  こだわりはグラスにもあらわれていて、コップの形が銘柄ごとにそれぞれ違います。日本でもベルギービールを売る店には、その銘柄のコップが様々置かれていましたが、日本のビールの販促キャンペーンのような意味合いで作られたコップなのだと気にもとめてませんでした。  それが現地では店の専門の人がそれぞれの瓶ビールに合わせて厳格にコップを持ってくるのを見て、あらためて、それぞれの味の特徴に合わせてグラスが作られているという繊細な世界であることを知りました。 習慣の違いを感じたのが日本は「とりあえず... [続きを読む]
 
  ベルギー編3 美食の国     
2018-10-20 16:03:28


写真はボザールブラスリーの特別メニューの前菜の一つ。見た目の美しさは芸術的。味も、まったく脂っこさがなく、さっぱりしていてむしろ日本料理的な味わい。生魚の酢漬けや、緑色の泡立てたものはピスタチオのこともあれば、抹茶のことも。話には聞いていたが、ヨーロッパの最先端は和食にあるようだ。最後のお茶も日本的な急須から、セルフでしゃれた陶器の湯飲みに注いで飲むほうじ茶や緑茶だった。お茶受けは上品な味わいのクッキーだった。 【忙しい日本人、時間をもてあます】 ブリュッセルのミシュラン1つ星を獲得したフランス料理店にも行きました。 ボザール・ブラスリーBozar Brasserieという、おいしいものを気軽に、がモットーの若いお店です。 ネットでは、今、本当においしいレストランに行きたければ、フランスではなく、ベルギーのフランス料理屋に行け、と書かれていたので、その言葉に乗ったのです。値段もそのほうが... [続きを読む]
 
  ベルギー編2 フライドポテト発祥の地     
2018-10-12 15:29:05


料理屋さんで頼まなくても出てきたフライドポテト。主食がわり、ということらしい。添えられたディップは店独自に作られている。 街中で見かけるフライドポテト。日本の原宿のクレープのように円錐形のとがった部分を手に持って食べる。ほんとうにおいしそうに! 【ベルギーの国民食】  フライドポテト、英語でフレンチフライといいますが、発祥はベルギーなのだそうです。第一次世界大戦時にアメリカ兵がヨーロッパに遠征した際に気に入り、アメリカで広めた。その時にフランス語を話している人たちの料理だからフランスの食べ物だろう、と思った、とのだそうです。  ベルギーはフランス語も公用語の一つなのだと知っていれば、「ベルジアンフライ」と呼ばれていたかも。  ブルージュは観光客の方が地元の方より多い地域だったので、実態は不明でしたが、少なくとも町に大学のあるゲント(ヘント)やアントワープ(アントウェルペン)では... [続きを読む]
 
  雲南から離れて。 ベルギー編     
2018-10-03 11:19:16


写真上はブルージュ(ベルギー)の街並み。時が15世紀から時が止まったかのような町。朝夕は観光客も少なく、静か。むしろ人が少なくて不安にすらなる。 写真下はブルージュの料理屋にて。夕食にはたいていの料理にはパンかフライドポテト、または両方が付いた。 【題は変えずに】  最終的に雲南に到達する予定ですが、しばらく世界を旅しているので、世界の食習慣などに触れてみたいと思います。  この夏、ヨーロッパに行ってきました。ヨーロッパは食に関してアジアほど、ぎゃふんとすることはありませんでしたが、驚きはありました。私にとって新鮮だったことを書き綴ってみます。 【ゆったり時間】   ベルギー、オランダ、ドイツと回ったのですが、ベルギーで驚いたことは、とにかく時間がゆっくりとしていること。こちらの語学力が低いために悲しいかなメニューを読み解くのに時間がかかるのがつらいところ。  そんなと... [続きを読む]
 
  南米のきになる野菜たち6 コリアンダー・虫たち     
2018-08-24 12:11:30


【コリアンダー】 南米から旧大陸に渡った野菜を取り上げましたが、野菜大国・南米にはないアジアの野菜が今や、当たり前のようにメキシコの人々の口に入っているものもありました。 その一つがシャンツアイ、タイではパクチー、英語でコリアンダーと呼ばれる野菜。メキシコでは豊富に使われていました。刻まれたものが、食堂で頼んだ料理とともに、ほぼ、毎回、出てきました。 メキシコではシラントロといいました。スペイン語です。チキンスープにうまみのある辛みがのっかり、その上にすきなだけ、載せてよいという、シラントロ。 娘は懐かしい雲南でよく食べた味に似ている、と感激しておりました。 この野菜の原産地は地中海東部といわれていますが、日本やロシアなど一部の地域を除いてはすっかり定着してますね。 【市場の様子】 最後のメキシコの市場で見かけた変わった食品を見ていきましょう。 一つ目は大小さ... [続きを読む]
 
  南米の気になる野菜たち5 龍髭菜とハヤトウリ     
2018-08-19 15:00:25


写真は野菜のツルのスープ。かぼちゃのツルやハヤトウリのツルなどが一口サイズに切られて、豆腐や芋、タケノコや真菰ダケ、かぼちゃといった固形のものととともに入っている。塩ベースで白濁したさっぱりとした味のスープである。(写真は昆明の石屏会館、にて) 【ところかわれば龍髭菜はアスパラガス?】  前回の続きで、ハヤトウリのツルと葉が台湾で「龍髭菜」の名前で食用とされている話をしました。 一方、中国のインターネット解説サイトの「百度」で、龍鬚菜(??菜)の学名は「Asparagus schoberioides Kunth」と書かれていました。  上記の学名で日本の植物名を調べると「キジカクシ」という名称でした。 「日本他の山野に自生する ユリ目ユリ科アスパラガス属の常緑多年草です。 和製のアスパラガスと呼ばれ、茎は食用になります。」(https://www.kagiken.co.jp/new... [続きを読む]
 
  気になる南米の野菜たち4 ハヤトウリ下     
2018-08-12 11:03:42


雲南のハヤトウリ(蒙自にて)とハヤトウリのツル(建水にて)。雲南では夏から初秋にかけて、よく食べられる。これらも南米原産とは驚いた。 【ハヤトウリのツルから】  蛇足ですが、ハヤトウリは台湾には1935年に日本から渡ったそうです。鹿児島と台湾の交易が当時、さかんに行われていたこと、鹿児島の人がずいぶんと台湾に渡っていたことを考えると、自然な流れといえるでしょう。  台湾ではハヤトウリのツルも料理に使います。「龍鬚菜」といいます。龍の髭の野菜、です。雲南でも食べられています。スープに入れたり、炒めたりしてシンプルに使っていました。ハヤトウリも同様によく飲食店の調理場に置かれていました。常備菜です。というよりもは雲南ではハヤトウリに限らず、ウリとそのツルはスープの具材としてよく出てきました。  スープの場合はハヤトウリに限らず、カボチャ、冬瓜など瓜のたぐいならなんでも。それらを食... [続きを読む]
 
  気になる南米の野菜たち4 ハヤトウリ 中     
2018-08-03 15:43:10


写真は『植物名実図考』瓦瓜より。植物図鑑のハヤトウリそのものである。 h参考:薬用植物一覧よりhttps://www.weblio.jp/content/%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%AA 【仏手瓜と瓦瓜】 中国では、ハヤトウリはおもに仏手瓜といいます。仏像によく見られる両手を合わせて祈る形をしているからだそうです。ウィキペディアでは1915年に中国に輸入されたとあります(ウィキペディアより)。インターネットで検索すると、そられらの図鑑的な情報は何かの文章をコピーしているようでほぼ「1915年」と書かれています。 ウィキペディアの情報の元となった「1915年」の根拠となる文献を探したのですが、今のところ私には見つけられませんでした。インターネットから離れ、中国書籍に当たると、なぜか日本の輸入時期については「1917年にアメリカから」... [続きを読む]
 
  気になる南米の野菜たち4 ハヤトウリ 上     
2018-07-28 12:15:34


写真はテンプロマヨーロ博物館(メキシコシティ)内の展示。アステカ文明の人々の生活を展示したコーナーの中央部に緑の瓜が置かれているのものが、ハヤトウリ。トウモロコシなどの主食ではないが、重要な野菜と位置づけられている。 果肉の肉質が緻密で固いので、日本ではぬか漬け、味噌漬け、奈良漬けなどの漬け物に主に利用されている。メキシコでは薄切りにして煮物、炒め物、スープの具材などにも利用されている。中国では広東、雲南、広西で食される。日本人としては、甘みが足りず、そのままでは固いせいか、あまり広まっていない。 【日本では学校教材にも】  ヒョウタンなどに続き、同じく、アステカ文明を支えた重要作物として展示されていた植物にハヤトウリがあります。  あまり、日常的に日本では食用はされていませんが、娘が小学生の頃、つまり10年ほど前に学校の敷地にグリーンカーテンとして植え、収穫されると、子どもたちが家に持... [続きを読む]
 
  気になる南米の野菜たち3 ヒョウタン 下     
2018-07-20 11:13:53


写真上はメキシコの雑貨市場でみかけたヒョウタン。棒をさしてマラカスのように振って使うらしい。 そして写真下は雲南のヒョウタン笛。竹が3本以上ついていて、真ん中の竹についている穴をふさいだりして音階を出し、横についた竹の棒を補助の音として響かせ、和音とする。 雲南各地のお土産屋で吹きながらのんびり客引きをしていたが、本格的な楽器屋で、きちんと調律された楽器もある。その道の名人の笛の音は、やわらかで、明るく心地よい響きをしていた。 (昆明の楽器屋で音楽家でもある店主に指導を受ける。) 【納得! 生命力】 前回引用した『資源植物事典』縄文土器文化研究序説(江坂てるや著 六甲出版、1982年)にはヒョウタンはアフリカ原産。海流に乗って、早い段階でアメリカ大陸にも渡り、メキシコでも古い遺跡から出ている、と書かれています。 一方、田中 修『植物は人類最強の相棒である』(PHP新書、2014年... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り