登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   中国人彼女と日中の家族&親友とともにin名古屋   
本格的に再開します。また、タイトルが変わるかもしれませんが、中国人彼女とのことを書いていきます。

記事一覧を表示する   
  台風と○とライブと     
2017-09-14 18:47:25


彼女との再会しての楽しかった日々も、あと、わずか。1年半ぶりの再会、お互いに気心を知れた仲だけに。 彼女が親友との買い物から帰ってきた帰国前日、○で苦しんでいる彼女を連れて、近所の病院、薬局へ。 ○に、あてはまる病気は、便秘がひどいとなるもの。 ※○に入る文字は、ご想像に、お任せます。 台風の影響で、暴風雨の中、ひとつの傘で仲良く向かった。 彼女は、もう、三十路だけど、いつまでも、子供心を忘れないのか、本当に無邪気に、笑顔いっぱいに楽しんで歩いていた。 彼女「台風と大雨で、びしょ濡れ。もう〜、台風、早く帰ってよ〜!」 それを言うなら、「早く通りすぎてよ〜」になると思いますが…。 病院は、あらかじめ、彼女なりに調べていましたが、もっと近いところにある病院へ案内しました。受付後の彼女、 彼女「男の先生かな、女の先生かな、女の先生だったら良いなぁ〜」と、つぶやいていました。1週間分の薬が処方されました。 ... [続きを読む]
 
  誕生日おめでとう2     
2017-09-14 12:36:33


先の記事の続きです。 前回、会った時の別れ間際に約束した通り、彼女が居候する彼女の親友の自宅の近所にある喫茶店で待ち合わせ。 さて、待ち合わせの時間通りに来るかな。 やっぱり、来なかった。 待ち合わせ時間に彼女に電話。 「誕生日おめでとう」と伝えると、電話越しに、はにかみながらも、喜んでいた彼女。 彼女の本心は、また一歩、大人の女になったということより、また一歩、オバチャンに近づいてしまったことが本心だと思う。 三十路を迎えた時の彼女は、 「オバチャンだね〜」 と話していましたから。 彼女を待つことには、慣れたこと。 結局、11時過ぎに、親友を二人連れて、待ち合わせ場所に来た。 近所の卸問屋、薬局に行き、大須夏祭りを開催中の大須商店街へ。 コメ兵で買い物、大須商店街で昼食。 卸問屋でパンツの肌着を試着する時、試着室ですれば良いのに、死角を狙って、肌着の上から、恥じらいもなく、試着していた彼女。 ... [続きを読む]
 
  誕生日おめでとう     
2017-09-05 08:58:07


先の記事の続きです。 ある日、彼女と名古屋駅に朝10時に待ち合わせ。 名駅前に着いて、すぐに彼女に電話。 案の定、まだ、寝ていた様子。 いくつになっても、寝坊助は治らないようです。ここで怒っては、生粋の日本人。 ここは、しょうがない、こういうものだと割りきるのが、中国文化を理解した日本人になるのだろうか。 昔の彼女のこの台詞 「私は、こういう人!しょうがない」 この割りきりの仕方は、あらゆる局面で見習うべきだと思う。 男女平等社会の中国人の彼女に鍛えられたのは、一緒に暮らしていた時、家事、料理なども。 一時、彼女に、 「あなたは、食べることしかできないの!」 と言われたこともあり、家事、料理も、そつなくこなせるようになったのは、彼女のおかげ。 だから、一緒に暮らしていた時、彼女が寝坊助の間に、いつも、家事は私が済ませていたこともあった。 彼女の仕事が夜遅かったのもあるけど。 仕事柄、早起きの癖が... [続きを読む]
 
  ささやかな夢     
2017-09-05 08:44:30


先の記事の続きです。 彼女の故郷、中国延吉は、北朝鮮から近い街。 核実験の揺れは、相当、びっくりしただろう。 私は、延吉には、過去4回行き、全部で3週間ぐらい滞在したことがあります。 彼女は、来日して、10年。 夫婦だった時、子供は授かりものだから。 でも、彼女に、車の免許、取らせてあげたかった。 日本語がペラペラな彼女ですが、東京では、中国人専用に短期間で格安で取得できるところがあるようです。 ニトリで買い物しつつ、 彼女「車の免許、取りたいね。でも、車は、どうするの?レンタカー?事故ったら、どうしよう?難しいところは、あなた、運転してね。免許が取れたら、私の運転で一緒にドライブしよう」 ニトリで買い物、そして、近所のスシローで夕食。 彼女にとっては、久しぶりの日本食。 あらかじめ、食べる量を決めていたので、少食。 その後、また、市バスで地下鉄の最寄駅に向かう前、バス停近くの中古車販売店の前で、 ... [続きを読む]
 
  夢の続きを話そう     
2017-09-04 01:44:23


先の記事の続きです。 彼女は、相変わらず、とても面白いので、ハラハラ、ドキドキで、周りを飽きさせない。 ただ、面子を潰さないように気をつけなければならない。 面子を潰したら、取り返しのつかないことになります。 この日も、昼過ぎに会いに来て欲しいと言われ、彼女の自宅に着くと、朝シャンしたばかりの彼女。 果物の変な名前の猫の遊び相手をして、彼女の身支度を待つ。 化粧をバッチリとキメた彼女。 見た目は、本当に、大人の女になりましたが、男勝りな性格は、少しは穏やかになったかな。 着替えは、そこは、それでも、女ですから、カーテンで隠し、着替えていた。 1日目と同様に、栄へ。 今回は、地下鉄で向かう。 まずは、腹ごしらえとして、仲良く、お互いに、鰻丼を食べた。 その後、中国のパパのために、湿布をゲットするために、また、違う整形外科に向かう。 彼女「出張に行くと話して、たくさんもらってよ」 その言葉通り、診察... [続きを読む]
 
  妹妹(メイメイ)へのプレゼント     
2017-08-31 19:26:07


先の記事の続きです。 病院を後にして、名古屋駅に向かう。 四年前の彼女ならば、すぐにタクシーを利用したがっていたけど、今となっては、地下鉄で向かった。 そんな彼女に、電子マネーを彼女の分として渡すと、 「なんで、二つあるの?」 と話していた。 関東の時のSuicaもあるからと伝えた。 彼女に、名古屋駅前が様変わりしたことを話し、案内すると、 彼女「新しくできた名古屋ゲートタワーは高いから」 と話して、行かず、彼女の足は、すでに、三十路にも関わらず、そんなことは、お構い無しに、若者で賑わう近鉄名古屋駅にある近鉄パッセに。 お気に入りの服を見つけた彼女。 二人での買い物のシーンは、過去に幾度となく繰り返してきた。 着こなしチェックは、私に。 その服を買い、名鉄名古屋駅を経由して、地下鉄の駅に向かう。 途中で見つけた蒲郡のえびせんべい即売所。 二人して、試食した。 その後、いつものように、彼女が手... [続きを読む]
 
  そこまで、ひどくないと思います     
2017-08-31 11:49:30


先の記事の続きです。 病院に行く目的は、彼女自身も、必要とまではいかないけど、湿布が欲しいとのこと。 彼女の行きつけの、いや、かかりつけの病院に着くなり、彼女の診察券、国民健康保険証は、通称名のままでした。 なので、当然ながら、名字は、私と同じ。 下の名前は、私の母が命名したものだというのは、先の記事で触れました。 彼女自身だけでなく、彼女の父親の慢性化した腰痛の湿布が欲しいため。 ここは、私も?力を貸すことにした。 私も、足やら腰やら、湿布があると助かる。 彼女の父親の慢性化した腰痛の湿布が欲しいため。ここは、私も?力を貸すことにした。 私も確かに腰痛はあるものの、そこまでではないと診察を受け、レントゲンを断った。 彼女は、仮病で受診したのに、レントゲンを受けることになった日のことを苦笑いして話してくれた。 彼女に断る文句を伝えた。 「そこまで、ひどくないと思います」 彼女は、何度も繰り返して、... [続きを読む]
 
  ニッポンのお母さんとの思い出     
2017-08-31 11:22:39


先の記事の続きです。 いつものように、夏になれば、目のやり場に困る露出度の服装の彼女とともに、エレベーターを一緒に降り、名古屋栄の繁華街を 「暑い、暑い」 と言いながらも、手を繋いで歩く彼女。 二人で出かける時、手を繋ぎたがるのは、いつも、彼女からです。 彼女の故郷、延吉は、北朝鮮との国境近くの都市だけに、夏も快適のようです。 永住の在留資格にも関わらず、現在、中国の実家暮らし。 今となっては、こうして、たまに来日しては、国民健康保険、国民年金、クレジットカード、日本の携帯電話、それぞれの代金を振り込み、または、支払っている彼女。 中国でも、姪のお世話ばかりで、まともに働いていない彼女に対して、そのお金の出所は、いったいどこから? 中国人だけに、困ったら助け合って当たり前の国民性があるだけに、そこは、彼女の家族、親戚、親友が助けている様子。 中国人の親友同士の付き合いの仕方は、まるで、家族同然だから。 ... [続きを読む]
 
  何気ない再会     
2017-08-30 22:36:09


彼女と久しぶりに会う当日。 地元から、彼女が滞在しているところへ向かった。 久しぶりに訪れる彼女の仮?自宅。 彼女には、日本各地に親戚がいるけど、頼ることもなく、名古屋の親友らを頼っている。 彼女の親戚には、日本での事業が成功した富裕層もいるけど。 彼女の居候、面倒をみている彼女の親友は、どうやら、まだ、就寝中の様子。 彼女も、まだ寝ていた様子でしたが、私に気づいて起きた。 あれだけ、好きだった黒髪のロングヘアは、バッサリ切って、茶髪に染めていた彼女。 彼女いわく、オトナとして、年相応にするためだそうですが、彼女の指には、私がプレゼントした結婚指輪が光っていました。 ウン十万円相当の指輪、彼女は、今でも、お気に入りの様子。 通称名で呼ばれる日本の名前も、お気に入りなのも変わっていなかった。通称名の名字は、私と同じ、下の名前は、私の両親が付けた名前。 久しぶりに会うのに、まるで、そんな気がお互いにせ... [続きを読む]
 
  必然     
2017-08-30 15:49:15


8月に入って、まもない、ある日の夕方。 見覚えのある着信番号。 彼女からだった。 彼女、どうやら、名古屋に帰ってきた様子。 1年ぶりに聞く彼女の声。 その1年前は、WeChat(中国版LINE)の録音音声で、 彼女「体に気をつけてね。じゃあ、またね」 彼女と別れてから、もう4年になる。 電話では、 彼女「明日、あなたが名古屋の私のところに来るのは、わかるけど、どこのホテルに泊まるつもりなの!」 いちいち、語尾が強くなる彼女の言葉。 気が強い中国人女性ならでは、いや、彼女の場合は、気が強すぎることを自負している。 彼女が居候している主である、彼女の親友の中国人女性には、関東から名古屋に転勤になったことを先日、伝えたのだけど、聞いていなかったようで、時系列で説明した。 滞在日数は、短いようで、帰国の空港までの見送りの約束も取り付けた。 関西空港まで行かないといけないけど。延吉までの直行便があるた... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
   このブログの閲覧者は下記のブログにも興味を示した   
    · 中国でのいろいろ

    · 厦門大阪亭改め厦門浪花亭のブログ

    · 上海パンパン 〜笑う門には福来る!〜

    ·  中国人シングルマザー奮闘記

    · RIKO茶のブログ

   + もっと多くのブログ  
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り