登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   中国人彼女ありきの毎日ですが、なにか?in名古屋   
タイトルがコロコロ変わるかもしれませんが、中国人彼女とのことを書いていきます。

記事一覧を表示する   
  大丈夫じゃないよ!!!     
2018-01-24 07:30:54


風邪ひきさん🤒になった彼女からの頼まれごとをするため、昨夜、仕事帰りに、彼女の親友の居候宅に寄った。 いつものように、親友へは、生活必需品(今回は、サラダ油と貼るカイロ『前回は、衣料用洗剤』)、飼い猫2匹へのキャットフードを差し入れ。 親友「いつも、ありがとうね」 里帰り中の彼女とのホットラインは、親友がいてこそだから。 年がら年中、やたらと、気が強い彼女と私との仲を在日中国人の彼女の親友らは、何だかんだ言っても、応援してくれている。 親友「お兄さん(私のこと)と彼女、(5年前に)別れてからも、いつも喧嘩ばかり。 でも、仲直りして、また、結婚することになって良かったね」 5年もかかってしまったのは、「彼女の心模様」の記事にもあるように、彼女の気持ちも知らずに、他の女性と結婚したりするから、無駄に遠回りになってしまった5年間。 さて、親友から、書類を受取り、前々から言われていた通りに記入... [続きを読む]
 
  彼女の心模様13     
2018-01-24 06:47:41


先の記事の続きです。 時系列で書いていきます。 時は、今から、4年前の秋。 別れた年の翌年の秋のこと。 彼女「私は、あなたのために、あなたに温かいお茶を入れましたが、あなたは、他の飲料を気にかけていたので、私が入れた温かいお茶は、脇に、ほったらかしにされていた。 しかし、他の飲料をあなたが、飲めば飲むほど、あなたの喉は渇く。 そして、あなたは、私が入れた温かいお茶を思い出したが、手に取ってみたら、もう、そのお茶が体の芯まで冷やすほど、冷たかった。お茶が冷めてしまった。 それを誰のせいにすることもできない。忘れないでください。 そのお茶は、当初は、心が暖まるほど、あたたかったのだから」 写真は、この彼女の記事にあったもの。 [続きを読む]
 
  彼女の心模様12     
2018-01-24 06:36:34


先の記事の続きです。 時系列で書いていきます。 時は、今から、4年前の夏の終わりの頃。別れた年の翌年の晩夏の頃のこと。 彼女「毎晩、寝る前に、すべての人の事を許します。 目を閉じて、自分の心を清めて、過ぎた事を過ぎたことにしてしまう。今日は、どんなに良くない事があっても、悲しまないようにしましょう。人生は長くない。 どんなことでも、すべて受け入れる態度で、何が必要かを知る生活を送る」 写真は、この彼女の記事にあったもの。 [続きを読む]
 
  彼女の心模様11     
2018-01-24 06:31:59


先の記事の続きです。 時系列で書いていきます。 時は、今から、4年前の夏。 本来であればの結婚記念日の翌日。別れた年の翌年の夏のこと。 彼女「あなたの生活に突然、入ってきて、あなたに人生の授業をしたら、すぐ、あなたから離れていく人がいる。 すべての人が、あなたと人生を最後まで歩くことはない。 あなたの成長のために現れてくる人もいれば、一緒に生活するために現れてくる人もいる。 一生忘れてはならない人も現れてくる。 生活が、どんなに苦しくても、最終的には、必ず心から、健気にも、ついてくる人を見つけること。」 写真は、この彼女の記事にあったもの。 [続きを読む]
 
  彼女の心模様10     
2018-01-24 06:29:38


先の記事の続きです。 時系列で書いていきます。 時は、今から、4年前の本来であればの結婚記念日の翌日。別れた年の翌年の夏のこと。 彼女「もし、私から離れるなら、私に、あなたが思う理由を当たらないで欲しい。きっぱりと、離れてください。私の記憶に、もう入らないでください。 もし、もう会えなければ、私に、あなたを待つ口実を与えないでください。 無情に私を断ってください。 私に情けなく、それを受け入れさせてください。 私たちのストーリーは、もう終わりました。私は、過去と未来の間をさまようが、『今』に執着している。あのしきりに落ちてくる私との言葉の記憶は、いつもいつも…。」 写真は、この彼女の記事にあったもの。 [続きを読む]
 
  彼女の心模様9     
2018-01-23 08:59:03


先の記事の続きです。 時系列で書いていきます。 時は、今から、4年前の梅雨入り前。別れた年の翌年の初夏に差し掛かる頃のこと。 彼女「私は、ただただ、平凡に一緒に生活する人を探し求めています。私は、その人が好き、その人は私が好き、それだけで良い。 秘密を持たない。浮気はしない。悲しいことはない。 性格の違いは、すり合わせれば良い。習慣の違いは、適合し合えば良い。 お互いに、ずっと一緒に人生を歩む決心があれば良い」 写真は、この彼女の記事にあったもの。 [続きを読む]
 
  いくら気が強くても…     
2018-01-23 08:53:04


彼女を昨秋に見送りをして、いつの間にか、2ヵ月。 彼女の在留資格は、永住ですが、日本国内において、帰るべき家がない今、中国に里帰りするしかない。 その里帰りしている彼女からのWeChat(中国版LINE)の返信の統計を毎日、スマホにメモとして残している。 ○月○日○:○とか、何日間、連絡がなかったとか。 彼女のことを知り尽くしているつもり、少なくとも、性格は。 最長で、6日間、連絡がなかった。 でも、そんなときに限って、彼女は、風邪をこじらせて、寝込んでいた。 そして、昨夜も。 四日前の夜には、誕生日を祝福してくれた彼女の声は、昨夜は、がらがら声でした。 彼女「風邪、まだ🤒。ひどくなった。おやすみ😷」 彼女の音声メッセージは、本当に元気がなく、つらそうな声でした。 日頃は、やたらと、気が強く、日本の私だけなく、在日中国人の親友らも、中国の家族らも、振り回しまくりですが... [続きを読む]
 
  彼女の心模様8     
2018-01-23 08:45:43


先の記事の続きです。 時系列で書いていきます。 時は、今から、4年前の梅雨入り 前。別れた年の翌年の初夏に差し掛かる頃のこと。 彼女「夜、あなたを食事に誘う人は、とても多いが、あなたに朝食を買ってくれる人はいますか。 あなたを飲みに誘う人も多いが、酔っぱらったあなたの面倒を見てくれる人はいますか。 病気になった時、関心を寄せてくれる人も多いが、あなたを病院に連れていってくれる人はいますか。 あいさつ程度の人も多いが、本当に苦しい時、助けてくれる人はいますか。 あなたを追いかける人も多いけれども…」 写真は、この彼女の記事にあったもの。 [続きを読む]
 
  彼女の心模様7     
2018-01-22 11:39:55


先の記事の続きです。 時系列で書いていきます。 時は、今から、4年前のGW前の頃。別れた年の翌年の春のこと。 彼女 「1⃣舟は、港に泊まれば、一番安全だが、それは、舟を作る目的ではない。 2⃣人間は、家の中にいれば、一番快適だが、それは、人生の追求ではない。 3⃣人生は、飛行機に乗るのと同じで、ファーストクラスもあれば、エコノミークラスもある。 同じ時刻に着くけれども、プロセスは全く異なる」 写真は、この彼女の記事にあったもの。 [続きを読む]
 
  彼女の心模様6     
2018-01-22 11:37:07


先の記事の続きです。 時系列で書いていきます。 時は、今から、4年前の桜が散り始めた頃。別れた年の翌年の春のこと。 彼女「目覚めたら、私は、まだ生きているのだ。 良かった、良かった。 目を閉じれば、私は寝れる。 良かった、良かった。 普通のお茶、普通のご飯、お腹一杯になれて、良かった、良かった。 ポケットを触って、小銭は使う分があって、良かった、良かった」 写真は、この彼女の記事にあったもの。 [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
   このブログの閲覧者は下記のブログにも興味を示した   
    · Brand New Me! @shanghai

    · 中国でのいろいろ

    · ジャパンダ洋洋のブログ

    · 中国語・勉強日記

    · 上海パンパン 〜笑う門には福来る!〜

   + もっと多くのブログ  
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り