登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   チクチク テクテク 初めて日本に来たパグと30年ぶりに日...   
大好きな刺繍と大好きなパグ香港生活を30年で切り上げて、日本に戻りました。モモさん初めての日本です。

記事一覧を表示する   
  ピンバッチ     
2018-11-14 04:01:47


晴、12度、64%  少しずつ寒さが増して来ました。厚手のTシャツや薄手のセーターを着るようになりました。夏の間はすっかり忘れていたピンバッチが登場です。ピンバッチはブローチよりも軽いのでセーターなどでも十分留まります。もっと寒くなって厚手のコートやジャッケットを着る時はいよいよブローチが出て来ます。  ピンバッチもブローチもここ数年新しい物を求めていませんが、何かを飾るという行為は気分を明るくしてくれます。暑かったこの夏は時計以外身に付けるのが億劫でした。いえ、身を飾ることに怠慢になっていたのかもしれません。近年、肌寒くなると薄手のダウンを着ている人が多くなりました。確かに軽くて暖かなダウンは手放せないものです。でもダウンにはピンバッチもブローチも付けることができません。ですから、この冬に入る一歩手前の時期にはいつも思います。「今年はダウンを着ないで過ごそう。」ところがやっぱりダウンを出して来てしまい... [続きを読む]
 
  2枚の写真     
2018-11-13 06:33:19


曇り、13度、80%  2枚のモモの写真を一つの額に入れています。モモが微笑んでいる写真です。モモがこんな温かな眼差しをするようになったのはいつ頃からだったのか?小さい頃からの写真を繰ってみます。小さい頃は不細工です。ムッとした表情が多い、大好きな食べ物を見た時はまん丸の目です。大嫌いな犬に会うと男の子ですから目が釣って追いかけます。好きな犬達に会うと嬉しい表情をします。モモが包み込むような優しい表情をするようになったのは、この家に来てから、亡くなるひと月ほどの前からです。  この2枚の写真は食べ物を待っている時ではありません。ふと気づくと、モモが私をこうして見ていました。向かって右は発病した頃で、まだ耳が聞こえていたと思います。座敷の縁側で新聞を読んでいたらやって来て私を見つめていました。左は亡くなる数日前の写真です。もうこの頃は痛み止めが切れ始めると切ない表情でした、きっとこの時は痛み止めが効いてい... [続きを読む]
 
  オリーブの収穫     
2018-11-12 04:06:30


曇り、14度、76%  この夏、オリーブの木は背丈も幹の太さも随分と成長しました。2本別の種類のオリーブを植えています。一年でこんなに大きく育つのかと驚くほどでした。昨年、実をつけたのは1本、今年は2本の木に実が付きました。ところが私の関心はオリーブよりも他の植物でした。昨年のように実の数を数えることもありませんでした。その理由の一つが昨年収穫したオリーブの実はいまだに渋みが残っていて食べることが出来ないからです。 獲りたての実をすぐに食べれるものと思ったら大間違い、その渋みの多さに驚きました。種も取らずに丸のまま重曹と塩で渋みを取ったつもりですが、一年経ってもまだ渋く感じます。  今年のオリーブの実は2本合わせても数少ないものでした。今年は種を取って渋抜きをしようと考えました。 オリーブの種取り専用の器具を買いました。簡単に種が抜けます。これ、さくらんぼの種取りにも使えそうです。まずは重曹を毎日かえな... [続きを読む]
 
  猫のいたずら     
2018-11-11 04:06:10


晴、11度、84%  わざわざパプリカの実の付いている枝を折って花瓶にさしたのではありません。2日前の朝、庭に出てみるとパプリカの枝がバッサリ折れていました。その真後ろのきゅうりの太いツルも地面に垂れ下がっています。急いで支柱を当てたりテープを巻いてみましたが、修復不可能なくらいの折れ方でした。夜中に強い雨が降ったその明けです。雨のせいかとも思いましたが、仕方無くきゅうりの太い2本のツルを切りました。パプリカも枝を折りました。ツルには太くなり始めたきゅうりが付いていました。  この前日、 球根を植え付けたばかりの植木鉢の土が掘り返され、球根が飛び散っているのを発見、しかもこの狭い植木鉢の中に猫がフンをしていました。フンを始末して、球根を戻しレンガやスコップで防止しています。  きゅうりとパプリカの始末をしていると、きつい猫の糞の匂いがします。地面をよく見るときゅうりの根元の脇にこんもりと土が盛り上がっ... [続きを読む]
 
  イワシと里芋のカレー     
2018-11-10 04:02:05


晴、12度、76%  先日、美術館で西洋絵画を観ていると日本のカレーの匂いがします。匂いの元を手繰れば、階下にある喫茶店です。早朝走っていると、どこかのお台所からこれまた日本のカレーの香りがします。「こんなに朝早くからカレーを食べるの?」と思います。カレーが大好きな国民、日本人です。その匂いにつられて日本のカレーが食べたくなりました。  固形のカレールーを使ってカレーを作ったのは、母が亡くなった時に主人にカレーを作り置きして出かけて以来です。香港でも地元のスーパーで日本の固形カレーが買えるようになっていました。今回スーパーに行って、さてどれを選ぼうかな。思ったほど新製品の固形カレーはありません。ゴールデンカレーの辛口を選びました。  いただきものの里芋があったので、里芋入れるつもりです。お魚売り場を覗くと新鮮な小さなイワシが上がっています。奥からお兄さんが、「お刺身にしてあげようか?」と声をかけてくれ... [続きを読む]
 
  ココさんにベストを編みました。     
2018-11-09 04:01:09


曇、17度、89%  香港は暖かかったのでモモさんにベストを編んだのは、10歳を過ぎてからでした。もちろん使ったのは余り物の毛糸です。余り物の毛糸を使ってココさんにもベストを編むことにしました。ちょうど、知人の赤ちゃんにカーディガンを編んであげた残りのベビーウールがありました。メリノウールの細く優しい毛糸です。色は白、ピンク、ブルーにクリーム。ピンクをココさんに合わせてみましたが、しっくりしません。そこで、ブルーとクリームのツートーンにしました。  モモさんは前におしっこが飛びますので胸当てをつけませんでした。ココさんは後ろに流れます。胸当て付きのすっぽりかぶるベストです。 下の部分が胸当て、前足を通す穴もついています。お腹側から見ると、 こんな感じです。  「ココさん編み上がったよ。」お昼寝中のココさんに声をかけました。ベットからすっ飛んで降りてきました。当然暴れます。爪がメリヤス編みに入ります。着... [続きを読む]
 
  スプーンを変えて食べ比べ     
2018-11-08 04:08:49


曇、18度、81%  毎朝、同じヨーグルトを同じ器に入れて同じスプーンで食べていました。口当たりの良さと長さがあるので容器の隅まで届く朱塗りのスプーンです。ひと月前、急に別のスプーンを使いました。シルバーのティースプーンです。最近はお客様もコーヒーや紅茶にお砂糖を使われないのですっかり出番がなくなったティースプーンです。いつものように口に運ぶと、いつものヨーグルトのお味が違います。まろやかで美味しい。そこで家にあるスプーンを変えて食べ比べて見ました。  使ってみたのは、 この11本です。木製のものと金属のものでは口当たりが違うのは当たり前ですが、同じ金属でもステンレスとシルバーでは味の違いが生まれました。そして同じシルバーのスプーンでも匙のくぼみ具合でまた食感が変わりました。左から3番目と4番目がシルバーのティースプーンです。左端の中国の小さな陶器のレンゲはよくお汁粉に使います。ヨーグルトで使うとその薄... [続きを読む]
 
  庭の工事     
2018-11-07 04:02:44


晴、13度、84%  我が家は二面を道に挟まれた角から2軒目です。角地の家は私が物心ついた頃から小さな2階建ての家でした。父母の代から土地の持ち主は我が家に土地を売りたがっていました。昨年夏、その家が取り壊されました。そして、今度は私たちにその土地を買ってくれと言います。ちょうど昨年の今頃、主人が購入を決めました。  角地で狭く、我が家と合わせると台形のような変形な土地です。小さな家を建てるか?色々考えましたが庭にすることにしました。工事は台風到来で開始から遅れました。来年の増税前、福岡の景気の良さで建築ラッシュです。工事関係の職人さんの人手不足も手伝ってまだまだ工事が続きそうです。  我が家の表の道は緩やかな坂道です。段差のある土地馴らし、隣家との間にあった塀を壊す作業など土木関係の仕事から入りました。 小さなショベルカーまで入りました。お頼みしたのはこの家の改築時に庭木の伐採や外構をやってもらった... [続きを読む]
 
  和久傳のお菓子 赤茄子のチョコレートがけ     
2018-11-06 04:00:25


晴、12度、90%  京都の料亭「和久傳」が新しいお持たせ専門のお店を出したのだそうです。「白」というそのお店のお菓子を頂戴しました。お菓子の名前は「真朱」、添え書きに柔らかく干した赤茄子とチョコレートと書かれています。 ?   直径5センチほどの天然の白板でできた小さなわっぱに入っています。細い細い麻ひもで縛られています。中の赤茄子のお菓子も見てみたいのですが、このあまりにも整ったパッケージを壊したくありません。麻紐を解こうとしますが無理でした。止むを得ずハサミで切りました。中にはキャラメルのように包まれた「真朱」が入っています。  赤茄子、つまりトマトです。トマトとチョコレートとの相性ってどんなものかな?お皿に取らずにお口に放り込みました。イチゴと言って誤魔化してもいいかしら、でも種を噛めばやはりトマトです。甘酸っぱさの後にチョコレトーが微かにに追いかけてきます。槍のような楊枝も正真正銘の竹です... [続きを読む]
 
  虎屋の小型栗羊羹     
2018-11-05 04:02:42


晴、11度、92%  東京赤坂の虎屋の建物がこの秋、新築されたそうです。その写真を見た時、驚きました。前面ガラス張りのその建物は和菓子屋さんの物とは思えません。設計を調べると、建築家の内藤廣さんでした。  この新築記念にお羊羹が限定で発売されています。虎模様の「千里の風」と小型羊羹の「新栗」です。小型羊羹はご存知の小さなサイズ、一つ一つが個装されています。そのパッケージの絵に強く惹かれていました。そんな折、頂いた虎屋の小型羊羹です。蓋を取るといつものお羊羹の間に2つ、「新栗が」入っていました。グラビアで見て素敵な意匠だと思った「新栗」、微笑ましい栗が3個並んでいます。このデザインも店舗デザインを手がけた建築家の内藤廣さんのものだと知りました。  おやつにいただきます。 大きな虎屋の「栗羊羹」とは違い、栗が白あんに練り込まれたタイプです。プチっと栗の粒が口に当たることはありませんが、ほのかに栗の香りが広... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り