登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   習心帰大道《都流茶道教室■月桑庵》in 池袋   
池袋にほどちかい「バシブクロ」なんて言われる地域の自宅で開いた茶道教室です。「もっと気軽に、ちょっと気楽に」を合言葉に、茶道体験教室「お茶会へ行こう」を催しております。2016年2月8日より、櫻香庵月?宗地改め碧夢庵道舜宗地となりました。

記事一覧を表示する   
  【着物】女羽織について     
2017-05-26 17:00:00


「黒羽織を着れば略礼装」    女性の着物の記事で多くみられる記述ですね。    これ、誤解をされる方が多いので、一度書かなきゃなぁ……と思っていましたが、これは「略礼装になる」のではなく「略礼装として扱う」の間違いです。    これに最適なのが「お通夜」ですね。  わざわざお通夜用の着物を用意するのではなく、普段着に黒羽織を着ることで、略礼装として扱います。    ただし、小紋などではなく、無紋の江戸小紋や無紋の色無地という「紋をつけることができる着物に限る」ということです。    それと、紋がついているものや、もともと礼装および礼装に準じる着物(紋付や訪問着)については、黒羽織は羽織りませんのでご注意ください。    また、基本的に黒羽織は既婚女性が着たものであり、未婚女性は羽織らないのを基本とすることも付け加えておきます... [続きを読む]
 
  【茶道】茶の湯と莨     
2017-05-25 09:07:15


 煙草の健康被害は虚高ナあるという認識がようやく広まってきました。 勿論、過度の喫煙は害ですが、それは酒も、砂糖も、塩も同じです。 匂いと煙たさは嗜好の問題ですので、喫煙所にこもらされて吸う人間や煙草そのものを攻撃するのは辞めてもらいたいですね。 さて、実は茶道に莨(たばこ)はつきものです。 この禁煙・嫌煙ブームのご時世では流石に茶席で吸う人は居ませんが、薄茶の前など、煙草を喫んだそうで、その名残が席中の莨盆です。 懐石などでも腰掛に置いてあったりしますよね? こうした道具をお飾りにせず、使いこなせる人間になりたいものです! 莨盆には一双の煙管、灰吹、火入、莨入がセットになっています。 正客は莨盆を次客の方に寄せて、次客に勧めてから(一双になってますので二人でやります)、莨入から莨を摘み、丸めて煙管の火皿に詰め、火入から火を吸い取って軽く一口。 煙は吸い込まず、嗅ぐように吐き出します。 また一口。 最後に軽く半... [続きを読む]
 
  【道歌】持たずして代わり用ゆは邪道なり 見立て取り上げ奥深きかな     
2017-05-24 09:00:00


 持たずして 代わり用ゆは 邪道なり  見立て取り上げ 奥深きかな 道舜  よく聞く言葉に「見立て」というものがあります。  「これ建水に見立てて」などといわれています。    私はこれにずっと違和感を覚えていたんですね。「それって代用品じゃないの?」と。そうしてきしてTwitterで即時ブロックされたこともあります(苦笑)    以前にも「見立てというのは代用品ではない」と書いてきましたが、ようやく結論に至りました。   「代用は絶対に見立てではない」ということです。    本来の用途が違うものを、興によって用いるのは「取り上げ」です。    たとえば、香炉卓だった丸卓を小棚として利休は取り上げました。また、水屋使いだった曲建水(面桶)を点前道具として取り上げています。さらには竹を花入の材として取り上げてもいます。  井戸茶?や... [続きを読む]
 
  【茶道】茶道はカジュアルに非ず     
2017-05-23 09:00:44


 茶道はカジュアルなものではありません。 カジュアルなものなら、略礼装にせよ、礼装を求められることはありません。 茶道を「ただ楽しみたい」のなら、カルチャースクールで習うのが良いでしょう。いや、カルチャースクールで学ぶ必要もないかもしれません。客振りだけを学べば良いかもしれませんよ? カジュアルではないからといって、かしこまりすぎるのもどうでしょう? 茶道が具現化する茶の湯とはストイックなだけではないのですから。 そもそも、茶道は亭主にストイックさは求めても、客に求めるのは違うという考え方もある訳です。 されど「道」とつくものですから、「稽古は修行」であることは理解していただきたいと思います。 辛いことも、苦しいこともあるけれど、それはすべて「愉しむためのもの」なんです。 この「ただ楽しみたい」とは「辛いことや苦しいことを避けて通りたい」という意味で使ってます。 書繧フ部活を思い出してください。 辛い練習や苦し... [続きを読む]
 
  【茶道】初夏の日本庭園 華道展 呈茶     
2017-05-22 15:00:00


 昨日は、板橋区主催のイベント「 初夏の日本庭園 華道展」の呈茶係で、徳水亭へ。    徳水亭というのは、板橋区が所有する「茶室」です。    残念なことに丸目ではありませんが、一応京間です(茶道用の畳ではありません)。    丸目というのは「目が縁に隠されていない」畳で、端っこが半目などになっていない茶道用の畳のことです。    朝、お湯を沸かしたところ、どうもカルキくさい。  薬罐の蓋を外して沸かしたのですが、飛び切っていませんでした。    あわてて湯冷ましをつくりました。    本来は前日に水屋瓶に水を張って、備長炭などを入れ、カルキ抜きをするのが本来です。それができない場合、お湯を沸かして、水屋瓶に移し、湯冷ましをつくって、それをもう一度沸かします。    本来、清水(湧水)を使うのが茶道の基本ですが、... [続きを読む]
 
  【こよみ|小満】     
2017-05-21 09:00:00


 本日は二庶l節気第八の小満です。  万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来る(満ちる)ころと言われます。『暦便覧』には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されています。    麦畑が緑黄色に色付き始めるころで、初夏の爽やかな気候から次第に暑さが加わり、山野の草木が実をつけ始め、紅花が盛んに咲き乱れます。    梅の実がなり、西日本では走り梅雨が見られるころで、田植えの準備を始めるころでもあります。  今年の旧暦では、四月廿六日。もうすぐ五月です。  既に衣更えは褝ですが、そろそろ冬の襟から夏の襟に更えるころです。もう熱くなってますので、すでに変えている方もいらっしゃるかもしれません。    実は褝の衣更えは襦袢や襟をすぐには更えず、小満や芒種ごろから変え始めるのです。入梅(6月11日頃)までは冬襟でもOKですが、入梅を過ぎたら夏襟に更えま... [続きを読む]
 
  【道歌】寄せ皆具火箸飾らぬ点前なら柄杓前にぞ飾るそとかし     
2017-05-19 10:00:24


寄せ皆具火箸飾らぬ点前なら柄杓前にぞ飾るそとかし 道舜 当流では杓立に火箸と柄杓を飾る場合、必ず火箸が前になります。そして、柄杓が後ろです。千家流では柄杓が前で火箸が後ろですが、当流は違うんです。 これは、遠祖の頃から変わっていない飾り方だそうです。そして、寄せ皆具で火箸を飾らない点前の場合には、柄杓を前にして飾ります。 他のお流派とは全く違う当流の規矩がここにあります。「先に取る火箸は前に飾り、後に取る柄杓を後ろに飾る」と習います。この飾りには理由があるのですが、他聞を憚る話なので、ここではちょっと書けません。 また、柄杓のみを飾る際には、差通しではなく、月形でもよいとされます。 皆様のお流派は如何でしょうか? [続きを読む]
 
  【茶道】月桑庵未来図     
2017-05-18 15:30:00


   これは私が勝手に考えた月桑庵の未来図です。  寸足らずの畳は二尺四寸。  水屋を拡張して、腹口と背口をどうにかできるようにと考えたのがコレ。    背口は玄関に台を添えて、畳を上に載せる感じに。    これで道具置場も増やせますし、頑張って水屋建て増ししないと! [続きを読む]
 
  【和歌】薫風に藺草(いぐさ)の香る茶室かな 新たな畳に心洗はれ     
2017-05-17 15:00:00


薫風に藺草(いぐさ)の香る茶室かな新たな畳に心洗はれ 月?  月桑庵に寸足らずの畳が入りまして、藺草の香りがとてもここいよいです♪ [続きを読む]
 
  【和歌】ひつそりと花をつけしや昼顔の淡き色にぞ夏の来たると     
2017-05-15 09:00:21


ひつそりと花をつけしや昼顔の淡き色にぞ夏の来たると 月? 今朝水やりをしておりますと、昨日まで花をつけていなかった昼顔がふたつ、吾亦紅の葉にかくれて花をつけておりました。 暦の上では既に夏とはいえ、今朝は少し肌寒い感じでしたが、淡い薄桃色の花に夏の訪れを感じずにはいられませんでした。 [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
   このブログの閲覧者は下記のブログにも興味を示した   
    · 中国語ガイド☆サッキー!の小部屋

    · aimikan(日本語教師)の大連生活

    · 中国人嫁は言いました

    · ききぱるのブログ

    · 妻から離婚を言われた日 in 大連

キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り