登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   中国人との国際結婚・中国での起業の”カオスこもごも”   
元々ハードモードだった半生が、中国人女性と結婚してから更にカオス化が進み、もはや日本人の一般的理解の遥か斜め上を行く変な生活を綴ります。2010年からずっと北京在住

記事一覧を表示する   
  人をほめても角が立つ     
2017-06-24 18:50:53


昨日は中国での”ほめて育てる”ことによる弊害の可能性について触れました。  そして、今回は褒めることの弊害というより、褒め方によっては逆に摩擦が生じることについて触れたいと思います。  先日、娘のために日本で買ってきた小学生向けの365日誕生日占いの本を、娘のために中国語で伝えてあげていたときのくだり、、、 僕が娘に「◯◯みは運が良いんだって〜。よかったねー」と言ったら 娘が「そんなことないよー。私はすごく運が悪いよー」と答えるので 「なにがあったのー?教えてー」と訊いてみたところ 友だちに「最近すごく字が上手になったねー」と褒めてあげたところ、その友だちは素直にその言葉を受け取ること無く 「前はすごく下手だったって言うの?!」と返されてしまったらしく、その結果、友だちとの仲に少し亀裂が入ってしまった様子。 &... [続きを読む]
 
  中国での”ほめて育てる”の弊害     
2017-06-23 20:24:40


 今の日本の社員教育でも 「ほめて育てる」 という考え方が少しずつ広まりつつあるように感じます。 実際に出来ている出来ていないは別として、考え方としては認知がかなり広まりつつありますね。  で、こちら中国で同じようにほめて社員やスタッフを育てるってどうなんでしょう??? ほめて育てられるに越したことはないのでしょうが、そのやり方をそのままこちらに持ってくるのは少し危険です。 というのも、この国のかつての共産主義としてに配給制の名残りのようなものなのかもしれませんが 何かを受け取ることが自分の「当然の権利」と勘違いする人って実は結構いるんですよね。実力は全く伴っていないにもかかわらず。 褒美を受け取ることだったり、昇給することだったり、昇格することだったり ちょっと何かをしてあげるとすぐに図に乗りがちな... [続きを読む]
 
  暴風雨警報@北京     
2017-06-22 15:16:11


昨日の午後7時頃の図。 この頃、北京全域に対して抹莱J警報が発令されました。     で、慌てて帰ったのですが 見事に空振り…   日本でも天気藍が外すことがあって 基本的にはデカイものに関しては外さない。   こちらの天気藍は 普通によく外れる。 それはわかる。   でもデカイのまで外すって 一体どういうことなのだろう?       昨年のこの時期も大雨があった。 南五環路の一部が完全に水没するほど強烈な雨。   その後、もう一回集中豪雨がある という警報があったものの それも空振りに終わったのを思い出す。     今晩は天津に行かなければならないので 雨はちょっと面倒ではあるものの このところずっと暑くて体力低下を感じていたので こ... [続きを読む]
 
  結婚はそもそもうまく行きづらい     
2017-06-21 16:41:15


  最近の離婚率の数字は、日本も中国も割りと近い。   ただネットで確認できる数字というのはあくまで   年内に発生した結婚数と離婚数の割合   という切り口が多いため、正確な割合ではない。   ちなみに2015年での日中両国の比較は   中国 1225万組の結婚に対し、384万組の離婚で、離婚率は2.8組に1組の割合で離婚したのに対し   日本 1000人当たり 5.2組の結婚に対し、1.77組の割合で離婚したので、離婚率は2.9組に1組の割合で離婚した、という計算方法。   実際に結婚をした夫婦がどれだけの割合で離婚したのか?という数字ではない。   このように正確な比率ではないものの、こうしてみると離婚率というものが如何に多いのかがよくわかる。   ただし、これはあくま... [続きを読む]
 
  起業に必要な社会貢献感     
2017-06-20 13:24:29


  ネットやSNSで見る限り、今の日本は起業ブームっぽい。   僕も起業願望は結壕ネ前から、北京に来る前から漠然と持ってはいたものの、何を武器に起業すればいいのかアイデアがなかったので触手を伸ばせずにいた。   そして実際に北京で最初のIT企業在籍時から何かしらの起業を模索していたものの、何か足りない気もしていたので結局また違う会社のお世話になることにした。   会社に在籍している間は、基本的に会社の商品を会社を代浮オて販売していたので自分が社会に貢献しているという感覚は比較的少なめだったものの   転職後に在籍していたコンサルティング会社で僕のコーチングを会社のサービスとして扱うことになり、クライアントさんに実際に提供してみて、クライアントさんの仕事だけでなくプライベートの質の向上にまで繋がるお手伝いが出来たと実感できたとき、自分の中に &... [続きを読む]
 
  ひとり起業での会話相手という問題     
2017-06-19 17:27:46


  僕は今のところ、会社はひとりで運営をしている。   法定代武lという立場は中国人の友だちに手伝ってもらっているものの、時折研修や商談の通訳を手伝ってもらっているくらいで、そのときは別途ギャラを支払っているものの、実質は僕ひとりで日々を運営している。   個人事業主は自宅兼事務所になっている場合も多いだろうし、自宅とは別に事務所を高ヲている法人社長は、恐らく会話相手をみつけるのに苦労しているかもしれない。   僕は幸い、友人のオフィスの一部分と机を一台借りながらの運営にはなっているのでそこは随分と助かっているものの、そうした受け入れ先がなく、日々ひとりで悶々と過ごしているケースも多いのではないか。   ひとりで起業するときに、実はこの会話相手の確保というのは精神衛生上、かなり重要な問題となってくる。営業先を回っているときにしか会話相手がいない... [続きを読む]
 
  中国人社員のリテンション     
2017-06-16 19:29:17


 人事労務をしていれば必ず考えるのが社員のリテンション にもかかわらず僕がこっちに来てからかなり面食らったのが人材流動性の凄さ やはり自分にとって有用な人材には離れて欲しくない。 人であれば誰でもそう思う。 でもあるとき、ふと諦めてみた。 自分もかれこれ10回ほど転職をしてきた人間として正直な話、 もう辞めようと思っている会社に「残ってくれ」と頼まれるのはハッキリ言って迷惑だったことを思い出す。 それに、条件を上げてくれという自分もイヤらしい。 だからそれに気付いてからは方針をガラッと変えた。 誰に辞められても影響を最小限に出来るような仕組みづくり体系化づくり これに着手し始めた。 それをしたところでどうしたってある程度影響は出る。 でも、どんな人材でもいずれはいなくなる、というこ... [続きを読む]
 
  心の健康維持に最も必要なこと     
2017-06-15 19:32:22


  今回はヒーラーとしての僕の角度からのお話しです。   今どきはうつなどの精神疾患で精神科医へ、精神科医とは言わずとも心療内科に通院されている方がどんどん増えていてっていることと思われます。   うつに限らず、今どきは何かにつけて「病名」をつけて状態を定義してラベルを唐チてしまいがちなので、さらに増えていることでしょう。   今は自分の強めのネガティブな状態を「病気」というレッテルを唐チてしまう機会がとても増えてしまったのですよね。   その結果、病気扱いをすると「通院」することになる。   そして、通院をすると必ず出されるのが   「おくすり」   だから、心が沈んでしまえばおくすりを飲むという人が激増している昨今なので、恐らく「おくすり」に頼らずともある程度改善できるレベルにもかかわらず処方薬を服... [続きを読む]
 
  語学学校に通い続けても伸びない人の特徴     
2017-06-13 13:48:55


多くの在中国の日本人が語学学校に通っている。   でも、結高ネ期間を通い続けても、あまり上達していない人というのもこれまた多い。   理由は大きく分けると二通りかな・・・と思っている。     ひとつ目は、言わずと知れた   「自分で勉強していない人」   語学の勉強は楽器の練習や部活と同じようなモノなので、学校に通っている時だけしか触れていない人というのはなかなか伸びない。ずっと初級者レベルをウロウロしている。   これはもういちいち言う必要はないと思います。 ご自身でもよく理解されているし、 なかなか触手が伸びない状況なのも理解できます。     で、ふたつ目が意外と問題なのかな…と思っていますが、それは…   先生の「差不多主義」!   これって恐らく多... [続きを読む]
 
  ウーロンラテのお店@北京     
2017-06-12 18:36:40


先日、マルコカフェという新しく出来たカフェに行った。北京ジャピオンにも掲載されていた   「ニトロコーヒー」(?气??)を飲むために       僕が飲ませて頂いたのは、サーバーの中の最後の一杯ということで、本来はもっと泡は多めらしい。   下の写真は店内の様子         でも、今、ここで一番の売れ行きを見せているのは下の写真の「ウーロンラテ」とのこと。     このウーロンラテの茶葉は武夷山の水仙岩茶を使用し、さらにエスプレッャ}シンで抽出することで、ミルクに負けない濃厚なお茶の味と香りを出すことが出来るのだとか。。。   抹茶ラテとかはこれまでもよく耳にしていたし飲んだこともありますが、ウーロンラテというのは初めて聴きました。見た目だけ... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
   このブログの閲覧者は下記のブログにも興味を示した   
    · ちゃぶ台ひっくり返して北京へ来たのだ

    · 本日の北京

    · ashida-1958のブログ

    ·  “One of these days” is none of the...

    · Traveloco [トラベロコ]

   + もっと多くのブログ  
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り