登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   北京・胡同窯変   
北京。胡同歩きが楽しい。このブログは胡同のあんな事こんな事を拙文と写真で気ままに綴る胡同お散歩日記です。本日も歩きます。

記事一覧を表示する   
  第215回 北京・蘇州胡同(3) 今は昔、延寿庵、八宝楼という胡同があ...     
2018-12-18 10:00:36


118号院を後にして再び胡同を歩き始めると、前方に一匹のネコがいました。 名前はボス。 数ヶ月前に出会い、飼い主がいるのかいないのか分からず、もちろん名前も知りません。 「ネコ、ネコ」と呼ぶのではどうもしっくりしない。そこで勝手に付けた名前が「ポス」。 その貫禄のある容貌やのっしのっしと歩く姿から付けた名前です。 ボスはその顔は怖いのですが、その顔とはうらはらにけっこう甘えん坊将軍。 こちらがボスのそばに立ってその姿や周囲の景色を眺めていると、「ミャオ、ミャオ」と 可愛らしい声を出しながら、こちらの足に身体をすりつけてくるのです。ボスではなく、 甘えん坊将軍あるいはミャオ子と名づけた方がよかったかもしれません。 ボスの話をすると長くなるのでこの辺で切り上げますが、ボスがウロウロしている辺りの 南側には一軒の食堂。 店名を示す看板は出ておら... [続きを読む]
 
  第214回 北京・蘇州胡同(2) 名前の由来や会館などについて少し触れ...     
2018-12-10 11:05:35


蘇州胡同。 蘇州胡同134号院。 玄関脇ではスズメたちが餌を啄ばんでいました。 この餌は、住民の方がスズメたちのために用意したもののようです。 これから寒くなるから、たんと召し上がれ。 音読みで「シュウ」、訓読みで「あつまる、つどう」と読む「集」という漢字は、 「木」と「隹(ふるとり)」で出来ています。「隹(ふるとり)」とは、鳥のこと。 枝にいっぱいの鳥がとまっている様子を表したのが「集」という漢字。胡同を歩い ていると、この「集」という字が頭をよぎります。 この134号院の前には、アパート。 134号院の隣。 正面が洋風に飾り立てられています。 かつての中国の大工さんたちが見よう見まねで懸命に造ったのではないでしょうか。 この建物はこの胡同が清末から民国期にかけて人通りの激しい繁華... [続きを読む]
 
  第213回 北京・蘇州胡同(1) 崇文門内大街沿い西出入口からほんの少...     
2018-12-04 11:05:22


今回は、崇文門内大街沿いにある「蘇州胡同(Suzhouhutong/スゥーヂォゥフートン)」を散策しました。 中国の百度地図を見ますと、緑色で塗った部分が「蘇州胡同」のように思えてしまいますが、 実際にはオレンジ色の部分も蘇州胡同ですので、お歩きになる際にはご注意ください。 当日、歩き始めたのは、崇文門内大街沿い西出入口から。 散策したのは11月の下旬で、周囲の景色もすっかり秋色になっていました。 北京の秋は短く、冬の訪れが早いので、しっかりと秋色を目に焼き付けておかないと・・・。 右側(南側)角は立体駐車場、左側(北側)、東方向にのびる木立の向こう側には、内蒙古大厦(ビル) という高級ホテル。住所は、東城区崇文門内大街2号院。 歩き始めて立体駐車場を過ぎると、石塀の向こう側に早速目を惹く建物が・・・。 華風洋館と伝統... [続きを読む]
 
  第212回 北京・公平巷 公平当と箭桿白胡同     
2018-11-26 13:28:16


今回は、第206回でご紹介した「中鮮魚巷」の一本東側を南北に走る 「公平巷(Gongpingxiang/ゴンピンシャン)」を歩いてみました。 このプレートは公共トイレの外壁に貼られていたもの。このトイレの名称は「公平巷16号旁」。 【その名称や形状の移り変わり】 〇清の光緒年間(1875年ー1908年) その名称「公平当(Gongpingdang/ゴンピンダン)」。 〇民国期(1912年ー1949年) 同上。 次の地図は2007年4月に発行された『北京胡同志』(主編段柄仁/北京出版社)所収の 「北平旧城街巷胡同図(内城東部)」の一部。赤色部分が「公平当」。 〇新中国成立後(1949年ー現在) 1965年の地名整頓時に「公平当」の南端から東にのびている「箭桿白胡同(Jianganbaihutong/ ジエンガンバイフートン)」を編入、現在名となる。 ... [続きを読む]
 
  第211回 【お知らせ】 人工衛星で地球を観察する男からの案内状     
2018-11-13 11:22:26


地面に這いつくばうようにして胡同を歩いている私からすると、人工衛星から地球を観察する という、そのスケールのあまりの壮大さによって私のつつましやかな日常や常識に揺さぶりを かけ、一体何を企んでいるのかさっぱり分からず、思わず「怪しい」とつぶやきたくなってし まう一方で、そのおびただしい得体の知れなさによって私を惹きつけてやまない知人の男から 一通のメールがやってきた。 リモートセンシング。 私にとって決して身近ではない、いや、私の日常にとってまったく無縁と思われるこの言葉の 意味は、ある本の著者によると「空(宇宙)から地球上をカメラやレーダーなどのセンサーで撮 影・スキャンし、その“画像”をみて地球の状態について調べる技術」「医者がレントゲンを みて診断を下すように、どこで火事が起こっていとか、地震の被害の状況がどの程度かといっ た現象など」「地球上で起こっている現象の診断をする技術... [続きを読む]
 
  第210回 北京・侯位胡同(後) 住んでいたのは“祥泰義”という老字...     
2018-11-06 10:54:41


福の字の貼られた玄関のある建物の屋根越しに見える華風洋館を早く見たい。 そんな気持ちを抑えて侯位胡同を歩き出しました。 提灯(灯籠)がさげられ、国旗が掲揚されているこちらは侯位胡同11号院。 この11号院のところでこの胡同は北方向に折れています。 隅きりされた角地の様子。 北方向を撮ってみました。 写真奥に見える大きな建物は北京日報北京晩報社の社屋。住所は東城区建国門内大街20号。 左手手前は9号院。 その斜め前に8号院。 問題の洋館のあるのは、この8号院の中。 早速おじゃましてみました。 上の写真の突き当りを右へ。 本来ならば、ここで右へ曲がったときの写真をご覧いただくわけですが、どうしたわけか 撮り忘れてしまいました。そこで右へ曲がって正面にわたしが見たものを... [続きを読む]
 
  第209回 北京・侯位胡同(前) ある老板が住んでいたという洋館に遭遇...     
2018-10-29 10:02:23


今回は、侯位胡同(HouweiHutong/ホウウェイフートン)を散策しました。 当日歩き出したのは、前回ご紹介した「北鮮魚巷」沿いにある東出入口から。 まずは、名称や形状の移り変わりについて、ざっとご紹介させていただきます。 〇明の時代 次の地図を見ると、その名称は不明ながら胡同自体はあったことが分かります。 上の地図は、2007年刊『北京胡同志』(主編段柄仁/北京出版社)所収 「明北京城街巷胡同図 万暦ー崇禎年間(公元1573-1644年)」より。 オレンジ色の部分が「侯位胡同」です。 〇清の時代 『デジタル・シルクロード|古都北京デジタルマップ』所収「乾隆京城全図」で確認したところ、 上掲の地図と同じくその名称は不明ですが、上掲の地図と同形であることが分かりました。 地図は著作権の都合により省略しました。 ご興味をお持ちの... [続きを読む]
 
  第208回 北京・北鮮魚巷 少しだけですが、残っていました。     
2018-10-22 16:07:28


中鮮魚巷を歩いていた時に出合った男性が、 「南鮮魚巷はもうありませんよ。」 そして、 「北鮮魚巷は残っているけど、ほんのこれだけ」 と、両手で残っている胡同部分を示しながらその短さを教えてくれました。 中鮮魚巷に続いて「北鮮魚巷(Beixianyuxiang/ベイシエンユィシヤン」を歩いてみたのは、 男性が教えてくれた「ほんのこれだけ」を自分の目で確かめるためでした。 まずは、この胡同の名称や形状の移り変わりをご紹介させていただきます。 〇清の時代 「土地廟下坡」。「下坡」は「シアポー」と読み、下り坂を意味しています。 次ぎの地図は2007年4月発行『北京胡同志』(主編段柄仁/北京出版社)所収 「清北京城街巷胡同図乾隆十五年(公元1750年)」より。 緑色の部分が「土地廟下坡」。 〇民国期 同上。次の地図は上掲書所収「北平旧城街巷胡同図(19... [続きを読む]
 
  207回 北京・中鮮魚巷(後) 民間手工芸品”中国結”のある風景     
2018-10-18 15:00:00


今回は、前回の続きになりますが、その前に中鮮魚巷の名称や形状の 変遷をざっとご紹介させていただきます。 〇清の時代 現在「中鮮魚巷」と呼ばれる路地の南側にあった「南鮮魚巷」 と合わせて「鮮魚巷」という名称でした。 緑色の部分が「鮮魚巷」。地図は2007年4月発行『北京胡同志』(主編段柄仁/北京出版社)所収 「清北京城街巷胡同図乾隆十五年(公元1750年)」より。 〇民国期 同上。 緑色の部分が「鮮魚巷」。地図は上掲書所収「北平旧城街巷胡同図(1949年)」より。 〇新中国成立後 1965年、上に見た「鮮魚巷」が「南鮮魚巷」と改名。 その後、北京駅西街がつくられたため、「南鮮魚巷」が北と南に分割される。 1977年に北側の「南鮮魚巷」が現在の「中鮮魚巷」と改名される。 緑色の部分が「中鮮魚巷」、赤色の部分が「南鮮魚巷」。地図は上掲書所収「建... [続きを読む]
 
  第206回 北京・中鮮魚巷(前) 植物紋様の美しい雀替や蘇式彩画に出合...     
2018-10-08 10:05:26


今回は、中鮮魚巷(Zhongxianyuxiang/ヂョンシエンユィシヤン)を散策してみました。 場所は、次ぎの地図をご覧ください。 上の地図は、2007年4月に発行された『北京胡同志』(主編段柄仁/北京出版社)所収「建国門地区」 より。緑色の部分が「中鮮魚巷」です。 中鮮魚巷には、出入口が二箇所あり、 一つは蘇州胡同沿いの北口、もう一つは北京駅西街沿いの南口。 当日は、南出入口から歩き始めました。 この日は、国慶節休みに入る二日前。 青空の下、国旗がひるがえっていました。 国慶節は十月一日、国慶節休みは十月一日から七日までになっています。 なんと奥床しいことでしょうか。 左手にヘチマが頭上を覆う路地がありました。 この路地の斜め前方にも、路地。 横批には「吉星高照」と書かれていました。 ... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り