登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
出会いクラブ
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   北京・胡同窯変   
北京。胡同歩きが楽しい。このブログは胡同のあんな事こんな事を拙文と写真で気ままに綴る胡同お散歩日記です。本日も歩きます。

記事一覧を表示する   
  第204回 北京・慶平胡同(後) 南出入口、北京駅西街に辿り着く。     
2018-09-17 14:46:23


慶平胡同は、 明の時代に「范子平胡同(fanzipinghutong/ハンズピンフートン)。 次ぎの清から中華民国時代も同名、新中国成立後の1965年に現在名に改名されています。 さて、慶平胡同28号院をあとに東方向にさらに進むと、 中国のバラ、月季(ユエジー)が咲いていました。 その隣には、なんと、牛丼吉野家さんの名前の入ったパラソル。 自宅近くにも吉野家はあるのでお世話になるのですが、吉野家公式ウェブサイトによりますと、北 京に初めて出店されたのは1992年のことで、店舗数は北京だけで225店舗(2018年8月付)もあるの だそうです。 ちなみに、近所の吉野家さんには「あんこう鍋」があるので、近頃は牛丼ではなく、そちらを口に することが多くなりました。 メニューに「生姜焼き定食」を加えてほしい、そんな贅沢なことをどさくさに... [続きを読む]
 
  第203回 北京・慶平胡同(前) 四合院しゃぶしゃぶ店や謎の洋館に遭遇...     
2018-09-09 10:31:07


慶平胡同(QingpingHitong/チンピンフートン) 木陰で子供たちが遊んでいます。 遊ぶ子供たちや道行く人たちに緑陰を提供する木の幹のかたわらには、子供たちの大好きなウサギもいます。 ウサギのいる場所から、ほんの少し前へ。 ここは、前回、前々回とご紹介させていただいた治国胡同を歩いた時にスタート地点となったところ。 治国胡同の時は、ここから東方向に歩いたのですが、今回は写真の前方、南方向に歩みを進め、 慶平胡同を散策したいと思います。 前方に旅館の看板。 その玄関脇には、いっぱいの鉢植え。 こちらは「紅綿旅館」。 開業は1989年。 料金は、150元から250元ぐらいで泊まれます。 簡易な宿泊施設ですが、商用や観光主体で、ホテルライフを楽しみたいというのでなければ、十分。 ... [続きを読む]
 
  第202回 北京・治国胡同(後)ここにも三元庵という名のお寺があった!...     
2018-08-30 10:32:33


次の写真奥を横切る道は、やはり治国胡同の一部。 右手方向に行くと、ガソリンスタンドの看板。 今回は、このガソリンスタンドの看板の見える方向とは反対方向を歩き、つづけて ガソリンスタンドの見える方向に歩みをすすめてみたいと思います。 さて、うえの写真奥にバスが見えますが、 ここは自動車がひっきりなしに往来する北京駅西街。 北京駅西街沿いを少し行くと、 「好利興旺食品店」というお店がありました。 このお店の前を通り過ぎると、右手に青空の下で食事ができる食堂、左手に一般住宅が姿を あらわしました。 一般住宅は、二軒の玄関が並んでいました。 手前が、治国胡同9号、奥が11号。(この二軒斜め前に写っているのは、 違法なため取り壊された家屋跡かもしれません。) ここでは、奥の11号の玄関まわりをご紹... [続きを読む]
 
  第201回 北京・治国胡同(前) ここにも三元庵という名のお寺があった...     
2018-08-22 15:42:38


今回は、前回ご紹介した三源胡同の南側にある治国胡同(ZhiguoHutong/ヂーグオフートン) を散策してみました。 次の地図の緑色に塗った部分が治国胡同。 上の地図は本年2018年1月に印刷、中国地図出版社より発行された『2018年北京地図 大城区詳図』 の一部ですが、胡同の実際の形状とはやや違っていることをお断りしておきます。 この胡同が、「治国胡同」と呼ばれるようになったのは1965年からですが、ぐっと時代をさかのぼっ て、明の時代には「姚鋳鍋胡同(ヤオヂューグオ フートン)」という名前でした(『北京地名典』王彬/ 徐秀珊主編、中国文聯出版社、修訂版)。 時代が下って次の清の時代には、「三元庵胡同」。 この地に「三元庵」というお寺があったことに由来しているそうです(同上)。 緑色で塗ってあるのが当時の三元庵胡同。赤い矢印が指しています。この地図... [続きを読む]
 
  第200回 北京・三源胡同(後) 地名の由来となった寺院のあった場所な...     
2018-08-12 10:32:42


今回は前回の続きです。 まず、次の地図をご覧ください。 上の地図は本年2018年1月に印刷、中国地図出版社より発行された『2018年北京地図 大城区詳図』 の一部ですが、赤い矢印の部分が「三源胡同」で、緑色に塗った箇所が前回ご紹介した部分です。 さて、この胡同は一体いつごろ北京に出現したのかと思い、『北京胡同志』(主編段柄仁/北京出版社) 所収の地図を調べてみました。 まず、「明北京城街巷胡同図 万暦ー崇低禎年間(公元1573-1644)」を見ると、胡同自体は存在している のですが、名前が記載されていないことが分かります。 次に、「清北京城街巷胡同図 乾隆十五年(公元1750年)」を見ると、現在の「三源胡同」が当時は 「八佛庵胡同」という名称であったことが分かりました。 そこで、続けて『古都北京デジタルマップ』所収の「乾隆京城全図」(vol.1... [続きを読む]
 
  第199回 北京・三源胡同(前) 胡同沿いの狭い路地にあった客桟(宿屋...     
2018-08-03 11:05:35


今回は第193回でご紹介した「南八宝胡同」沿いにある三源胡同(SanyuanHutong/サンユエンフートン) を散策してみました。 玄関前がよく整頓されたお宅。 ちょっとおじゃましてみました。 以前北京で暮らしていた日本の知人が、 「夏の胡同を歩いていると日本の夏の海辺の景色を思いだす」、 そんな意味のことを言っていました。 たしかに一理ある。 中庭に、あるいは道端に置かれたビーチパラソル、テーブル、数脚の椅子。 これらは夏の胡同の風物詩のひとつですが、それらを見かけると、 かき氷、スイカ、焼きトウモロコシ、そして、海の家の定番中の定番・・・醤油ラーメンなど、 夏の海辺の海の家につきものの食べ物が足の裏に残る砂浜の感触とともにつぎからつぎへと記憶 の奥から飛び出してきます。 もとに戻り、ほんの少し行くと、... [続きを読む]
 
  第198回 北京・(続)暁順胡同 “1940”という刻印と名のない路地     
2018-07-26 15:03:18


前回ご紹介した暁順胡同の南側の奥には一本の路地があります。 名前はありません。 今回はこの路地を散策してみました。 左手に見える建物には「同仁医院伝統医学科」という看板がかかっていました。 この建物の入口前の道を北方向へ。 すると、華風と洋風とが合体したような建物が目の中に飛び込んできました。 蔓性植物、蔓巻き用の棚、植え込みの植物。 蔓性植物、蔓巻き用の棚、植え込みの植物を見ていると、 「やっぱりここは胡同なんだな」 という思いが胸の奥からこみあげてきます。 それはそうと、華風と洋風とが合体したような建物はいったいなんでしょうか。 建物の外壁に“1940”という刻印がありました。 横道にそれますが、この刻印の斜め前には、キャットフードなどが置かれていました。 ... [続きを読む]
 
  第197回 北京・曉順胡同 小さな胡同にて      
2018-07-17 10:16:24


第192回でご紹介した北京基督教会崇文門堂(亜斯立堂)、その正門対面に「こんなところにも!?」 と思わずつぶやいてしまいそうな一本の小さな胡同があります。 その北側の門牌(住所表示板)は1号から4号まで。 南側には、門牌の見当たらない中華風の屋根を持つ二層の大きな建物が一棟あるだけ。 名前は曉順胡同(XiaoshunHutong/シアオシュンフートン)。 名づけられたのは今から四十四年前の1974年とそれほど古い話ではありません。しかし、それは あくまで名前のことで、『北京胡同志』所収の地図を見ると、すでに明の時代にはこの胡同があった ことが分かります。 ただし、その時の名前は「孝順牌胡同」、しかもその長さも現在の何倍もの長さがありました。 青色とオレンジ色の矢印の部分が当時の「孝順牌胡同」。現在は青色の部... [続きを読む]
 
  第196回 北京・前海にて 夏は水辺で昼食を     
2018-06-28 10:20:03


この日は、カラダが溶けてしまいそうな暑さだったのですが、地安門大街での用事も無事にすみ、 その足で煙袋斜街に行ってきました。 ここは観光スポットのひとつということで、おしゃれな雑貨店にカフェなども多く、地方からの 中国人観光客をはじめ、外国からのお客さんや多くの若者たちが訪れます。 この日は、昼食時間も近かったためか、通行人も割と少なく、幸いのんびりと歩くことが出来ました。 普段は一軒一軒のぞいてみるだけでも楽しいお店ばかり。でも、この日は暑さ負けして、 カメラのシャッターを切る回数も減ってしまいました。ですから今回はとくにお店の紹介もありません。 そんな中で、露天商のお兄さんの笑顔に救われた思いです。 広福観という道教のお寺です。 物売りのお兄さんの笑顔のお蔭でやっと暑さも半減、と思ったのも束の間。 ... [続きを読む]
 
  第195回 北京・小報房胡同(後) 謎の洋館と『大清郵政總局』誕生から...     
2018-06-21 13:48:11


いよいよ謎の洋館めざして出発です。 民国期に国民党憲兵19団の駐屯地であったという洋館と今は閉館されてしまった北京郵政博物館 の間の路地。 小学生が追いぬいていきました。 小報房胡同13号。 こういう年季の入った物件と出合えるとは思いもしませんでした。 得した気分。 住民の“体温”が伝わってくる木製手作りの郵便受け。 字体もおもしろい。 郵便受けを後にして、さらに進みます。 写真左手の門柱らしきものに「不通」と書かれています。 これ以上先へは行けないのかな、と思ったのですが、奥を見ると突き当たりに細い路地。 とにかく「あの路地のところまで行ってみよう」と思い、行ってみました。 う、だいじょうぶ、道がありました。 干され... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り