登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連イベント
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
イベント登録(無料)
入場料無料のイベント
開催間近のイベント
2013 中秋節特集
2013 春節(旧正月) 特集
2012 クリスマス特集
今週のイベント
今月のイベント
人気イベント
ジャンル別イベント情報
地域別イベント情報
ビジネスイベント
求人求職イベント
コンサート情報
美術展情報
映画情報
語学関連イベント
留学関連イベント
中華料理イベント
中国茶イベント
京劇公演
日中交流イベント
パーティー情報
交流ツアー
関東開催のイベント
関西開催のイベント
北京開催のイベント
上海開催のイベント
出会いクラブ
日付で検索
From:
To:
関連書籍
 
1.エアショーガイド (2008) (世界の傑作機別冊)
2.食材カット集―自分でつくるPOP・チラシ (CD-ROMブック)
3.今すぐつくれる!POPの本
4.大成功するイベント・展示のやり方―企画立案から運営管理まで
5.日経BPイベント事典〈2003‐2004年版〉
6.祭りとイベントのつくり方
7.イベント戦略の実際 (日経文庫)
8.銀座のショーウインドウ―130年のデザイン文化史
9.おはなしのおもちゃ箱〈1〉―こんなとき読んであげたい
10.ハナさん―おばあさんの童話
   呉昌碩とその時代 ― 苦鉄没後90年 ―   

呉昌碩とその時代―苦鉄没後90年―

日期:2018年1月2日(火) 〜 2018年3月4日(日)

場所:東京国立博物館 東洋館 8室

清時代の末期から中華民国の初期にかけて、書・画・印に妙腕をふるった呉昌碩(ごしょうせき、1844〜1927)は、300年近く存続した清王朝の掉尾(ちょうび)を飾る文人として知られています。

初名を俊(しゅん)、のちに俊卿(しゅんけい)といい、中華民国元年(1912)から昌碩と改めました。幼少から私塾に通い勉学を積みますが、太平天国の乱によって一家は離散、17歳から21歳まで凄惨な放浪生活を強いられました。乱の平定後は村人に学問を教えたり、地方の小職に就いたりしながら、書画篆刻にいそしみます。56歳のときに安東県(江蘇省)の知事となるも、腐敗した官界に耐えられず1ヶ月で辞職。その頃すでに盛名を馳せていた呉昌碩は書画篆刻で生計を立て、84歳で没するまで在野の職業文人として、旺盛な創作を展開しました。呉昌碩は終生、紀元前5世紀ごろの古代文字である石鼓文の臨書に励み、その風韻を書・画・印に結実させました。不器用なまでの重厚な運筆の中にも、キラリと光る輝きを秘めた作風は多くの人々を魅了し、日本にも熱烈な愛好者がいます。

呉昌碩の没後90年にあたる今年度、台東区立書道博物館との連携企画第15弾として、さらには朝倉彫塑館を加えた3館のスペシャル企画として、呉昌碩の作品を概観し、その業績を顕彰します。

担当研究員の一言
日本にも熱狂的なファンを持つ清朝最後の文人呉昌碩。その模索時代から最晩年までの作品を一挙公開!/富田淳

展示作品リストへ
主な出品作品
所蔵の表記の無いものは、当館蔵品です。
行書斉侯罍識語軸 呉昌碩筆中国 清時代・光緒28年(1902) 個人蔵
墨竹図軸 呉昌碩筆中国 清時代・19世紀(2018年1月28日まで展示)
雲根図軸 呉昌碩筆中国 中華民国元年(1912) 個人蔵(2018年1月28日まで展示)
山水図軸 呉昌碩筆中国 中華民国3年(1914) 大阪市立美術館蔵(2018年1月30日から展示)
斉雲館印譜 呉昌碩作中国 清時代・光緒2年(1876) 小林斗盦氏寄贈
海浜話別図巻 陸恢筆中国 中華民国3年(1914) 京都国立博物館蔵(2018年1月28日まで展示)
臨石鼓文軸 呉昌碩筆中国 中華民国14年(1925) 林宗毅氏寄贈
行書王維五言句横披 呉昌碩筆中国 中華民国16年(1927) 個人蔵
開催期間2018年1月2日 - 2018年3月11日
費用0 円
開催場所東京国立博物館 東洋館 8室
アクセス
関連サイトhttp://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1895
備考
主催者東京国立博物館
住所
郵便番号
担当者
電話
ファックス
ホームページ
メール

お名前                                                  
コメント
お気に入りとしてこのイベントを保存


イベント検索
投稿期間:
(or)
キーワード:   

私のお気に入り