登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連イベント
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
イベント登録(無料)
入場料無料のイベント
開催間近のイベント
2013 中秋節特集
2013 春節(旧正月) 特集
2012 クリスマス特集
今週のイベント
今月のイベント
人気イベント
ジャンル別イベント情報
地域別イベント情報
ビジネスイベント
求人求職イベント
コンサート情報
美術展情報
映画情報
語学関連イベント
留学関連イベント
中華料理イベント
中国茶イベント
京劇公演
日中交流イベント
パーティー情報
交流ツアー
関東開催のイベント
関西開催のイベント
北京開催のイベント
上海開催のイベント
出会いクラブ
日付で検索
From:
To:
関連書籍
 
1.エアショーガイド (2008) (世界の傑作機別冊)
2.食材カット集―自分でつくるPOP・チラシ (CD-ROMブック)
3.今すぐつくれる!POPの本
4.大成功するイベント・展示のやり方―企画立案から運営管理まで
5.日経BPイベント事典〈2003‐2004年版〉
6.祭りとイベントのつくり方
7.イベント戦略の実際 (日経文庫)
8.銀座のショーウインドウ―130年のデザイン文化史
9.おはなしのおもちゃ箱〈1〉―こんなとき読んであげたい
10.ハナさん―おばあさんの童話
   映画講演会「30年目の『紅いコーリャン』」   

三須 祐介 氏(立命館大学文学部准教授)

時間: 13:30〜16:00 (13:00〜受付開始)

場所:立命館大学衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館シアタールーム


今年度も「孔子学院の日」を記念し、9月30日(土)に映画講演会を開催します。
30分の講義に加え、映画全編を鑑賞、終了後に質疑応答というスタイルで、映画を、より深く理解し、楽しむことができます。

★参加無料・事前登録制


■作品
「紅いコーリャン」(原題:紅高粱)(1987年・中国・91分・日本語字幕)

■主演
コン・リー(鞏俐)
チアン・ウェン(姜文)

■監督
チャン・イーモウ(張芸謀)

■概要(Wikipediaより)
「紅」を基調とした鮮烈な映像美が特徴で、神話的なエピソードを交えながら物語は語られる。
特に強烈な色彩を強調した映像は、後の張芸謀(チャン・イーモウ)・鞏俐(コン・リー)
コンビによる作品である『菊豆(チュイトウ)』『紅夢』『上海ルージュ』にも特徴的である。
この映画は、国外でも大きな反響を呼んだが、中国国内でも賛否両論が巻き起こり、
「『紅いコーリャン』現象」と呼ばれるほどだった。中国映画史の中でも時代を画する作品の一つだと言える。
1988年のベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞したほか、百花奨・金鶏奨でも最優秀作品賞を受賞している。

■あらすじ(Wikipediaより)
1930年代末の中国山東省。私(語り手)の祖母・九児(コン・リー)は、ラバ1頭で父に売られ、
親子ほど年の離れたハンセン病患者の、造り酒屋の男の元に嫁ぐことになる。御輿で嫁入りに
向かう途中、彼女は強盗たちに襲われるが、御輿の担ぎ手・余占鰲(チアン・ウェン)に救われる。
実家に里帰りして、再び嫁ぎ先に向かう道すがら、再び強盗が彼女を襲うが、その正体は余占鰲だった。
お互いに惹かれあっていた2人は、コーリャン畑で結ばれることになる。やがて夫が行方不明となり、
造り酒屋を継いだ九児は余と結婚。コーリャン畑で結ばれた日に身ごもった子供・豆官も生まれ、
幸せな日々が続くのだが、やがてそこに日本軍が侵攻してくる……。


講座概要・講師紹介
■概要
「30年目の『紅いコーリャン』」
第五世代の代表格ともいえる張芸謀の初監督作品『紅いコーリャン』が製作されたのは1987年。
圧巻の映像美は多くの観衆に深い印象を残し、88年のベルリン映画祭では金熊賞に輝いている。
あれから30年──。
その間、張芸謀も主演のコン・リーもそれぞれ中国を代表する名監督、大女優となり、原作の
莫言は2012年のノーベル文学賞に輝いた。背景となっている日中戦争や、賛否両論の当時の評価、
80年代における第五世代の斬新な表現手法など、作品をめぐるあれこれを紹介したい。


■講師紹介
1970年静岡県生まれ。早稲田大学大学院文学研究科芸術学(演劇)専攻博士課程満期退学。
広島経済大学准教授を経て、現在立命館大学文学部准教授。2010年4月−11年3月、台湾・
中央研究院中国文哲研究所訪問学人。小説翻訳に胡淑雯著『太陽の血は黒い』(あるむ、2015)、
論文に「明滅し揺らめく欲望─林懐民「赤シャツの少年」を読む─」(『野草』第90号、2012)、
「胡淑雯『太陽の血は黒い』試論:『超級大国民』及び『欲望という名の電車』との関連から」
(『植民地文化研究』14、2015)など。
開催日2017年9月30日
費用0 円
開催場所
アクセス
関連サイトhttp://www.ritsumei.ac.jp/confucius/event/article.html/?id=76
備考
主催者立命館大学
住所
郵便番号
担当者
電話
ファックス
ホームページ
メール

お名前                                                  
コメント
お気に入りとしてこのイベントを保存


   このイベントの閲覧者は下記のイベントにも興味を示した。   
    · 中国茶フォーラム2017新春-「国産烏龍茶・紅茶の評茶会」 [2017-02-05 関東]

    · 劉福君二胡教室創立20周年記念
劉福君二胡教室 生徒たち 二胡の夢コンサート [2017-11-12 関東]

    · 第124回 中国理解講座・現代中国語シリーズ [2017-09-16 関東]

    · 手軽に学べる中国茶講座 [2017-08-03 北京]

    ·  第6回 中国茶と薬膳粥セミナー・一茶一湯一粥「夏編」 [2017-06-21 関東]

   + もっと多くのイベント  
イベント検索
投稿期間:
(or)
キーワード:   

私のお気に入り