登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国旅行総合情報
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  航空券    ツアー    ホテル    世界遺産    ブログ    ニュース    天気    地図  
中国の入国ビザについて
観光・商用の目的で中国へ入国する日本籍の者は、滞在日数が入国した日から15日以内であれば、査証が免除されます。
下記の主なビザのカテゴリがあります(詳細)。
- 観光査証(L 査証)
- 訪問査証(F 査証)
- 留学査証(X 査証)
- 就労査証(Z 査証)
- 定住査証(D 査証)
ワールドフレンド・ ネットワーク

中国の十大名所旧跡
中国の六大古都
中国の四大古典庭園
中国の四大名山
中国の四大石窟
中国江南六大水郷古鎮
中国の四大仏教名山
中国の八大河川
中国の四大湖
中国のお土産、一番お勧めなのは?
民芸品・工芸品
中国茶
民族衣装
食べる物(なんでもOK)
陶磁器
中国酒
書画・掛け軸・篆刻
アクセサリ
ニセブランド物
その他
  龍門石窟     
龍門洞窟(りゅうもんどうくつ)は、河南省洛陽市の南方13キロ、伊河の両岸にある洞窟寺院。

北魏の孝文帝が山西省の大同から洛陽に遷都した494年(太和18年)に始まります。仏教彫刻史上、雲崗期の後を受けた、龍門期(494年-520年)と呼ばれる時期の始まりです。

龍門石窟の特徴は、その硬さ、すなわち雲崗の粗い砂岩質と比較して、緻密な橄欖岩質であることです。そのため、北魏期においては、雲崗のような巨大な石窟を開削することが技術的にできませんでした。「魏書釈老志」にも、500年(景明2年)に宣武帝が孝文帝のために造営した石窟は、規模が大きすぎて日の目を見ず、計画縮小を余儀なくされた顛末を記しています。

様式上の特徴は、面長でなで肩、首が長い造形であり、全体的に華奢な印象を与える点にあります。また、中国固有の造形も目立つようになり、西方風の意匠は希薄となります。裳掛座が発達して、装飾も繊細で絵画的な表現がされるようになります。

最初期の「古陽洞」周辺に見られる私的な仏龕の造営に始まるが、先述の宣武帝の計画を受けて開削された「賓陽洞」3窟も、実際に完成したのは、唐の初期でした。その他、北魏時期の代表的な石窟としては、「蓮華洞」が見られます。また、北魏滅亡後も石窟の造営は細々とながらも継続され、「薬方洞」は北斉から隋にかけての時期に造営された石窟です。

唐代には、魏王泰が賓陽3洞を修復し、褚遂良に命じて書道史上名高い「伊闕仏龕碑」を書かせ、641年(貞観15年)に建碑しました。初唐の代表は、 656年-669年(顕慶年間〜総章年間)に完成した「敬善寺洞」です。その後、「恵簡洞」や「万仏洞」が完成し、この高宗時代に、龍門石窟は最盛期を迎えることとなります。

>> さらなる詳細情報または関連情報
お名前                                                  
コメント