登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国旅行総合情報
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  航空券    ツアー    ホテル    世界遺産    ブログ    ニュース    天気    地図  
中国の入国ビザについて
観光・商用の目的で中国へ入国する日本籍の者は、滞在日数が入国した日から15日以内であれば、査証が免除されます。
下記の主なビザのカテゴリがあります(詳細)。
- 観光査証(L 査証)
- 訪問査証(F 査証)
- 留学査証(X 査証)
- 就労査証(Z 査証)
- 定住査証(D 査証)
ワールドフレンド・ ネットワーク

中国の十大名所旧跡
中国の六大古都
中国の四大古典庭園
中国の四大名山
中国の四大石窟
中国江南六大水郷古鎮
中国の四大仏教名山
中国の八大河川
中国の四大湖
中国のお土産、一番お勧めなのは?
民芸品・工芸品
中国茶
民族衣装
食べる物(なんでもOK)
陶磁器
中国酒
書画・掛け軸・篆刻
アクセサリ
ニセブランド物
その他
  雲岡石窟     
雲崗洞窟(うんこうどうくつ)は、山西省大同市の西方20キロにある東西1キロにわたる約40窟の洞窟寺院。

元は霊巌寺といい、現在では石仏寺と呼ばれます。北魏の沙門統である曇曜が文成帝に上奏して460年(和平元年)に、桑乾河の支流の武周川の断崖に開いた所謂「曇曜五窟」に始まります。三武一宗の廃仏の第一回、太武帝の廃仏の後を受けた仏教復興事業のシンボル的存在が、この5座の巨大な石仏でした。

その後、巨大な石窟寺院が15座開かれ、雲崗期(460年-493年)と呼ばれる仏教彫刻史上の一時期を形成しました。

様式上は、最初期の「曇曜五窟」には、ガンダーラやグプタ朝の様式の影響が色濃く、また、ギリシア様式の唐草文様に代表される西方起源の意匠も凝らされています。また、当時の建築様式を模した装飾も豊富に見られます。しかし、486年以降の末期になると、初期の雄大な質感は姿を消し、華奢で力強さの感じられない造形が増加する傾向が顕著となります。そして、この傾向の延長線上に、続く龍門期が待ち受けています。

>> さらなる詳細情報または関連情報
お名前                                                  
コメント