登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国旅行総合情報
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  航空券    ツアー    ホテル    世界遺産    ブログ    ニュース    天気    地図  
中国の入国ビザについて
観光・商用の目的で中国へ入国する日本籍の者は、滞在日数が入国した日から15日以内であれば、査証が免除されます。
下記の主なビザのカテゴリがあります(詳細)。
- 観光査証(L 査証)
- 訪問査証(F 査証)
- 留学査証(X 査証)
- 就労査証(Z 査証)
- 定住査証(D 査証)
ワールドフレンド・ ネットワーク

中国の十大名所旧跡
中国の六大古都
中国の四大古典庭園
中国の四大名山
中国の四大石窟
中国江南六大水郷古鎮
中国の四大仏教名山
中国の八大河川
中国の四大湖
中国のお土産、一番お勧めなのは?
民芸品・工芸品
中国茶
民族衣装
食べる物(なんでもOK)
陶磁器
中国酒
書画・掛け軸・篆刻
アクセサリ
ニセブランド物
その他
  南京     
南京は江蘇省の省都。古くから長江流域・華南の中心地で、かつては三国・呉、東晋、南朝の宋・斉・梁・陳(以上の6朝を総称して六朝)、十国の南唐や明といった王朝や南京国民政府の首都であった。中国六大古都の一つ。金陵は南京の別名である。また清朝のころには江寧と呼ばれたことから略称は「寧」である。

夏はとても暑く、重慶、武漢、南昌と並ぶ中国四大竈の一つである。

南京の歴史は春秋時代に呉がこの地に城を築いたのに始まる。戦国時代に呉を征服した楚はここを金陵と称した。楚が秦始皇帝に征服され、始皇帝がこの地に巡幸してきた際に、「この地に王者の気がある」と言われ、それに怒って地形を無理やり変えてこの地の気を絶とうとした。また名前も金から秣(まぐさ)の秣陵に改名した。

三国時代になると呉の孫権が229年に石頭城という要塞を築いて建業と称してこの地に都を置いた。西晋にて一旦、建業とされた後に司馬鄴(愍帝)を避諱して建康と改められ、東晋及びその後の四王朝(宋、斉、梁、陳)の都となった。呉を含めた六国が全て同じ地に都を置いたことから六朝時代の名がある。

隋で江寧県、唐では金陵県、白下県、上元県などと称される。この時代には、新たに開削された大運河により、長江対岸の揚州が物資の集積地となり、この地域の中心地としての地位を奪われた恰好となり、往時の都としての繁栄は見られなくなった。唐崩壊後の五代十国時代には、南唐の都金陵府が置かれ、後に改名されて西都と称する。

>> さらなる詳細情報または関連情報
お名前                                                  
コメント