登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国旅行総合情報
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  航空券    ツアー    ホテル    世界遺産    ブログ    ニュース    天気    地図  
中国の入国ビザについて
観光・商用の目的で中国へ入国する日本籍の者は、滞在日数が入国した日から15日以内であれば、査証が免除されます。
下記の主なビザのカテゴリがあります(詳細)。
- 観光査証(L 査証)
- 訪問査証(F 査証)
- 留学査証(X 査証)
- 就労査証(Z 査証)
- 定住査証(D 査証)
ワールドフレンド・ ネットワーク

中国の十大名所旧跡
中国の六大古都
中国の四大古典庭園
中国の四大名山
中国の四大石窟
中国江南六大水郷古鎮
中国の四大仏教名山
中国の八大河川
中国の四大湖
中国のお土産、一番お勧めなのは?
民芸品・工芸品
中国茶
民族衣装
食べる物(なんでもOK)
陶磁器
中国酒
書画・掛け軸・篆刻
アクセサリ
ニセブランド物
その他
  開封     
開封は、河南省北部の都市。中国でも最も歴史が古い都市の一つであり、北宋代に首都となった。総面積6444平方km。人口は446万人(1995年)。開封の名の由来は春秋時代に遡り、当時この地方を支配していた鄭の荘公が現在の開封の近くに城を築き、そこに啓封と名づけた事から始まる。後に前漢の景帝(劉啓)を避諱して、同義の開の字に改められた。

戦国時代には魏の領域であり、大梁と名づけられて首都となった。しかし秦の攻撃で落城した際に、都市も荒廃し、漢の時代には郊外の陳留が地域の中心と位置づけられたために、その後はさほど重要な都市とはされなかった。隋代になり、大運河が開通すると一気にこの都市の重要性は高まり、南からやってくる物資の大集積地として栄えた。

その後の唐末期に首都長安は荒廃し、それに代わってこの都市が全中国の中心地となり、唐から簒奪した朱全忠はここを首都として後梁を建てた。その後の五代政権も後唐を除いて全てこの地を首都とし、後周により汴州(べんしゅう、汴はさんずいに卞)と改称された。

その後周より禅譲を受けた趙匡胤により建てられた宋は東京開封府と称して、ここを首都とした。宋代の開封の繁栄は空前のものであり、区画同士の壁を取り払い、昼夜を問わず屋台や大道芸、講談などが行われ、市民文化が大きく花開いた。その繁栄振りは『東京夢華録』・『清明上河図』に記されている。

>> さらなる詳細情報または関連情報
お名前                                                  
コメント