登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
ワールドフレンド・ ネットワーク
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   日本語教師日記・「のびのび」新潟より   
日本語教育、異文化交流・相互理解、他言語習得(英語・西語・中国語学習中)などについて考える。日本語教師の記録。

記事一覧を表示する   
  No.1987「なぜ五右衛門は英語を身につけなかった?ジョン万次郎46...     
2020-10-24 00:30:51


 10月23日(金)、雨。一日中、降ったり止んだり。気温はそんなに下がらないが、たまに風が吹く。近くの小学校の運動会が明日に予定されていたのだが、順延になったとか。 ジョン万次郎と一緒に漂流した人は4人である。筆之?(途中から伝蔵と呼び方がかわる)38歳、弟・重助25歳、その下の弟・五右衛門16歳、近所の漁師・寅右衛門26歳、(年齢は数え年)である。 万次郎は数え年15歳。『ジョン万次郎の英会話』等によると、満14歳。『漂巽紀畧』を読んで気がついたのだが、「五右衛門」と1歳しか違わない。 (写真)足軽長屋(新発田市・清水園、中の様子をお見せできないのが残念だが)上空に広がる秋の夕空。  乾隆氏がいう次の箇所は、「五右衛門」に関しては、そうは言えないのじゃないか。英語習得を年齢だけの問題とするなら、五右衛門も相当な英語使いになっていていいはずだ。「万次郎の他の遭難仲間とはこの点で大きな... [続きを読む]
 
  No.1986「なぜ万次郎だけ英語を習得?ジョン万次郎45」多言語習得...     
2020-10-23 00:30:28


  10月22日(木)、曇り。地元紙・新潟日報朝刊の連載小説「いとまの雪・新説忠臣蔵」(伊集院静作)は、クライマックス?の赤穂事件を過ぎたところだ。  その場面(赤穂事件の章)の書き出しは、旧暦で描かれている。 「元禄十五年の師走は、例年になく寒さが厳しかった。十二月十四日の早朝は、二日前から降り続いた雪がようやく止み、江戸市中は銀世界と変わっていた。」 新暦だと次の年の一月三十日。新暦と旧暦の1ヶ月半の季節感のズレは大きい。歴史上の出来事をひもとくとき、この確認は重要なことと思う。 なお、伊集院氏は数ヶ月前に「病気で入院」というニュースが流れ、この小説が完結するのかと心配したが、もう「脱稿」しているというお知らせがあった。連載小説は、今では早めに仕上がっているもの、と認識した。 万次郎は、どうしてこれほどの英語力を身につけられたのか、の続き…。 「これ... [続きを読む]
 
  No.1985「万次郎の英語の実績、ジョン万次郎44」多言語習得74     
2020-10-22 00:30:57


 10月21日(水)、快晴。今日も上天気が続く。それなのに、我が家でテレビその他の通信トラブルが発生し、それが解決できず。気分は晴れない。  ジョン万次郎の連載が長くなった。振り返ってみると、多言語習得に関する本の整理をしていて、「ジョン万次郎の英会話(幕末のバイリンガル、はじめての国際人)」(乾隆著、翻刻者・根岸茂夫、Jリサーチ出版、2010年(H22)2月10日 初版第1刷発行)という本から連載を開始した。 この本は、ジョン万次郎の英語習得に焦点を当てたものだった。とても興味深い論考であり、疑問なこともあった。それを追いかけているうちに、ジョン万次郎の全生涯に興味をもったわけである。日本の歴史上に輝きを放つ人物ではないか、と思うようになった。 青少年にとっては、英語習得や他国への関心を深める絶好の「教材」ではないか、と思えるようになった。日本の英語や社会科の教科書で取り上げられて... [続きを読む]
 
  No.1984「鯨肉は不要・捕鯨漁の観察2、ジョン万次郎43」多言語習...     
2020-10-21 00:30:13


 10月20日(火)、快晴。これ以上ないような天気が広がっている。18日(日)には、新発田駅前で呑んだ。高校からの友人と3人で。新発田市は新型コロナ感染者が0。3人の中間地点でもある。などの理由で新発田を選んだ。集合時間より早めに行って、名所をチラ見。ちょっとした小旅行。  まず、新発田市観光情報センター(観光案内所)へ行き、いろいろ話を聞いて、市内地図をもらい、いろいろまわった。国際的に通用する、「i」の表示ですぐわかった。 ?イクネス新発田・市立図書館、?諏訪神社、?市島酒造、?清水園、?足軽長屋、と歩いた。 地元紙・新潟日報朝刊の連載小説「いとまの雪・新説忠臣蔵」(伊集院静作)でわりとくわしく描かれている「堀部安兵衛」の伝承館が「清水園」の中にあった。そこで時間をかけてしまった。もちろん、見きれなかったが。 「仕留めた鯨は、その尾を本船につなぎ、頭を切ってろくろに引っ... [続きを読む]
 
  No.1983「捕鯨漁の観察、ジョン万次郎42」多言語習得72     
2020-10-17 00:30:44


 10月16日(金)、昨日以上に冷え込む。早朝は、気温が10℃くらいだった。ラジオからは、初冠雪、初氷の便りが届く。例年より早いとか。爽やかな天気に誘われて、10kジョッギング(ノンストップで)。走り過ぎか。 『漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)』(画家で学者の河田小龍が、万次郎ら帰国漂流民に密着取材して書き上げた、イラスト入りのノンフイクション読み物)の引用を続ける。 捕鯨漁の様子が目にみえるように描かれている。 「さて、その間、筆之?たちはどうしていたのか。この捕鯨船の捕鯨の方法を、手法などをくわしく観察していたのである。 アメリカ合衆国の捕鯨船ジョン・ハウランド号は、どのように捕鯨漁をやっていたのか。まず、鯨がやってくるのを発見するためには、見張り係が高い帆柱のてっぺんに登り、望遠鏡で広い海の四方の見張りを続ける。 (写真)高い帆柱の見張りの様子。図25。 次に... [続きを読む]
 
  No.1982「言葉が通じない、ジョン万次郎41」多言語習得71     
2020-10-16 00:30:34


  10月15日(木)、曇り時々晴れ間。朝方、小雨。冷え込む。朝寒かった。今年何回めかの空き地の草刈り。写真のような背高泡立草(セイタカアワダチソウ:アメリカ帝国主義の申し子のよう、繁殖力が強く、どこにでも生え、他の植物を枯らす、ブラックバスもそう)などと、刈り込み機で1時間半、格闘した。  (写真)背高泡立草、北アメリカ原産らしい。刈り取っても刈り取っても生えてくる。  『漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)』(画家で学者の河田小龍が、万次郎ら帰国漂流民に密着取材して書き上げた、イラスト入りのノンフイクション読み物)の引用を続ける。  言葉が通じないとこんなことも起きる。 「翌日になって、船長がボートを下ろして万次郎を乗せ、島(無人島・鳥島)に向かわせようとした。万次郎は、自分だけまた島に戻されるのかと思ってびっくりし、恐れて、泣き叫んだ。 それを見た船長が... [続きを読む]
 
  No.1981「船長は四十がらみの男、ジョン万次郎40」多言語習得70     
2020-10-15 00:30:09


 10月14日(火)、曇り時々晴れ。ずっと曇り空かと思ったら、けっこう晴れ間が広がった。歯医者。ジョギング。オンライン英会話は、月12回を使い切ったため、少しの間お休み。 『漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)』(画家で学者の河田小龍が、万次郎ら帰国漂流民に密着取材して書き上げた、イラスト入りのノンフイクション読み物)の引用を続けるが、巻構成を紹介するのを忘れていた。  実は、巻之一〜巻之四まである。 巻之一 筆之?ら五人、漂流する話    (筆之?等五人漂流之略)巻之二 伝蔵と五右衛門兄弟、苦労して帰国を図る話    (伝蔵兄弟苦楚帰朝之略) 巻之三 伝蔵たち四人と別れた万次郎がアメリカ合衆国に入り、のちに諸洋を航海する話    (万次郎与伝蔵等四人別環航于米利幹及諸洋之略)巻之四 万次郎、伝蔵と五右衛門をうながしていっしょに帰国を果たす話    (万次郎促伝蔵五右衛門同帰皇朝之略)&n... [続きを読む]
 
  No.1980「船長は人格者だった、ジョン万次郎39」多言語習得69     
2020-10-14 00:30:52


 10月13日(火)、朝方まで降り続いた雨はあがった。昨日までは、少し暑かったが、今日は快適。少し暑い中、3日間、夕方ジョギングを楽しんだ。気温が低いと長く走られる。気温が高いと早くバテる。今月は、気温と走行距離の関係が体でよくわかった。わたしの感覚では、真夏の炎天下でのマラソン大会開催はあり得ない。 (写真)長野に毎年りんごの買い出しに行く親戚からいただいたお裾分け。去年は水害で大変だった。 『漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)』(画家で学者の河田小龍が、万次郎ら帰国漂流民に密着取材して書き上げた、イラスト入りのノンフイクション読み物)の引用を続ける。  「船長が筆之?たちをそばに呼んでなにかを問いかける。筆之?たちは、たぶんどこの国の者なのか尋ねているのだろうと推測して、「われわれは日本人である」と答えた。すると、寒さや飢えに耐えてきたことを憐んでくれ、衣服を5人分出してくれて、これ... [続きを読む]
 
  No.1979「全員本船に救助される、ジョン万次郎38」多言語習得68     
2020-10-10 00:30:44


10月09日(金)、曇り。雲が多く、晴れ間が見えない。台風の影響のせいか、風も強い。 『漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)』(画家で学者の河田小龍が、万次郎ら帰国漂流民に密着取材して書き上げた、イラスト入りのノンフイクション読み物)の引用を続ける。 「そうして、筆之?も重助もボートから投げられた縄に体を結んで、やっと船上に助け上げられたのだった。そして、ほどなく、2艘のボートは沖に停泊している本船に漕ぎ寄せていったのである。 こうして筆之?一行は、思いもよらぬ形で無人島より助け出されることになり、これはまるで夢か幻のようだと思っているうちに、彼らを乗せたボートは大きな本船に近づいていった。 (写真)ジョン・ハウランド号の全容(再掲)。 本船のその船体を見上げれば、長さ30間[約55メートル]、幅6間[約11メートル]ほどの大きさで、帆柱3本を立て、ボート8艘を積載し、蜘蛛の巣の... [続きを読む]
 
  No.1978「『助け船が来たぞ!』4ジョン万次郎37」多言語習得67     
2020-10-09 00:30:10


 10月08日(木)、雨のち曇り。最近にはない肌寒い天気となった。オンライン・グループ英語レッスン「EF English Live」(月12回、1回45分)を愚直に続けている。最近、なんだか気楽に参加できるようになった。話題はたくさんあるのだが、あとでまとめて記したい。 『漂巽紀畧(ひょうそんきりゃく)』(画家で学者の河田小龍が、万次郎ら帰国漂流民に密着取材して書き上げた、イラスト入りのノンフイクション読み物)の引用を続ける。 「重助は、島に上陸した際にけが(島にたどり着くとき骨折、それが致命傷となり、ハワイで客死)をした脚がまだ治りきっておらず、洞窟のなかで横になりながらみなの援助を受けて日々をすごしていた。 また、筆之?もこのとき飢餓のために疲れ果てて歩くのもままならず、重助の看病をしながらいっしょに静養しているといった状況。そうしたなか、「助け船がきたぞ!」という万次郎の声を聞... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り
上海
Jewelの無印閉店とStar...
MUJI 閉店してしまうのですね。2階建で、お食事もゆった...
ついに
このブログつながりにくくて、やっと今日つながった。リンダ帰任...
ひさびさにソースカツ
夏の間、揚げ物から遠ざかっていたが、だいぶ涼しくなったので...
心斎橋ルクロワッサン40円で焼...
以前からクロワッサン好きで、こちらのクロワッサンが焼き立て...

北京
【ハワイグルメ】ついに!憧れの...
娘です。職場には常に色んな方からの差し入れがあるんですが、...
謎のボタン。
*閲覧注意写真があります。私の夫は中国人だ。日本語は普通レ...
始めることから始めてみます
生活に彩りをくれる趣味として触れてきた中国語。マイペースに...
201010カレー日記: ボン...
毎度ながらのボンディ風カレーを作りました。料理は自分で作ると...

香港
モスグリーンが来てる
気がついたら。このところ、コレだ!と買ったものたち、みんな...
こころ配りに、気配り…
【新規開設クラス】小さなお子様連れの大人クラスが新書派協会...
資格取得、勉強中〜?
こんにちは、にこにこ香港略してにこホンです!!こそこそと、...
マンションのビックリなコロナ対...
多くの事を学べばあなたの周りに「価値 Value」が増えて...

大連
徒然なるままに
 秋も深まり 沖縄は雨ばかりでも流石に 朝夕涼し...
北欧の雰囲気と映画
昨日ネトフリでみた映画「スノーマン 雪闇の殺人鬼」がとても...
企業理念:「データに命を吹き込...
こんばんは、宙凡です。 ガリレオガリレイは「自然...
クリニックで感じるコロナ禍での...
久しぶりにブログを書きます ここ数ヶ月(?)業務...