登録 | ログイン  お問い合わせ  
ALA!中国へようこそ!
中国関連ブログ
日本求人中国求人ブログ言語交換出会いイベントニュース中国旅行ツアーホテル都市情報レストラン在日華人掲示板
  ニュース    イベント    ブログ    中国百科    掲示板  
ホーム>>TOP>>メニュー
ブログの登録
ブログの検索
カテゴリ別ブログ
全地域別ブログ
新着記事
新着ブログ
人気ブログ
人気のブログ(月間)
人気のブログ(季間)
国際結婚ブログ
中国株ブログ
中国語ブログ
中国留学ブログ
中国料理ブログ
中国茶ブログ
中華圏芸能
ニュースと話題
上海ブログ
北京ブログ
香港ブログ
大連ブログ
広州ブログ
蘇州ブログ
深センブログ
東莞ブログ
ワールドフレンド・ ネットワーク
ブログ特集
国際結婚のブログ
駐在妻のブログ
中国で子育てのブログ
日本語教師のブログ
中国での起業家のブログ
駐在員のブログ
中国でペットと暮らす人のブログ
北京オリンピックのブログ
   Toshiko Ise's Blog from Sha...   
上海・日本・ドイツを行ったり来たり

記事一覧を表示する   
  歳だから無理!は言わない     
2020-02-25 13:53:34


いつも私の行動にブレーキをかけてたことは、 もう歳だから、無理しない。 もう歳だから、いまさら。 世間からそういわれ続けていると、 もう、それがあたりまになり、 やりたいことを、次第に諦めるようになる。 ということは、日本は年齢が上がるたびに、 自分のできることが少なくなっていく そんな社会なんだよね。 中国語を勉強するために「留学する」と、 まわりの人に言ったときの反応は? 全員の男性から出たことばは、 「旦那さんをほったらかして何考えてる〜」。 ちょっとだけマシな人の反応は、 「それを許した旦那が偉い」だった。 えっ!私ではなく、なんで旦那やねん? と心の中でつぶやいた。。。 女性からの反応は、 羨ましい〜。私もやってみたかった〜。 そして、いざ、上海へ行ってみると、 年齢や国籍なんてまったく関係ない世界が 目の前にさーっと広がっていた。 上海滞在経験の長い日本人女性は、 「新しいことを習得... [続きを読む]
 
  上に政策あり、下に対策あり     
2020-02-24 13:09:44


中国は「上に政策あり、下に対策あり」 とよくいわれてる。 政府がなにか法律を作ると、 日本人のように法律ができたから、 守らなきゃと思う人はあまりいない。 自分に関係ないなら知らん顔するし、 大いに影響あると思えば、 まずは、しばらく様子見して、 それをかいくぐる方法を 眉間にしわ寄せて考える。 中国に住んでいるとよくわかるが、 日本人なら呆れるくらい、 政府の言うことなんか信じてないし、 政府は嘘つくものとさえ思ってる。 たとえば、起業するとき、 まずは書類などは整える。 営業許可さえ下りれば、もうこっちのもの。 自分の勝手なやり方で商売をぐんぐん進めていく。 それは法律違反だとわかっていても、 まったくやめようとは思わない。 この場合は罰金はいくらか? 営業停止は何日?などと、 自分の商売に対する痛手がどれくらいかを まず考え、抜け道はあるか、 違反しても続けるかを考える。 もし、罰金を払うよ... [続きを読む]
 
  人生100年時代を生き抜く     
2020-02-23 08:45:41


人生100年時代を生き抜くには、 ぼーっとなんかしてはいられない。 行きたいときに、行きたい場所に、 自分で行けるのは、 せいぜい75歳くらいまでかな。 それを遥かに越えて生きるんだから これは問題も多くなってくる。 むかしのように人生50年ではなく、 人生100年ともなると、 だれしもが直面する新たな問題が ちょっと考えるだけでも2つある。 ・中途障害者 ・生涯投資家 ある程度長生きすれば、 早かれ遅かれ、 誰もが障害者になる。 耳や目や足腰が不自由になり、 物忘れなんかも激しくなるよ〜。 さらに高齢になると車椅子に乗るなど、 介護の人のお世話になり、 外出することも困難が伴う。 いままでのように私には関係ない ではすまされない。 障害者が生きやすい街作りなどに、 積極的に関心を持ちたいと思う。 次に、長生きするにはお金の管理が必須になる。 嫌でも誰もが投資家にならざる終えないのだ。 例え... [続きを読む]
 
  自分の殻なんて破っちゃえ     
2020-02-21 16:40:06


殻を破りながら生きていくのが人生。 ひよこでも、あんなによたよたした姿で 殻を破って未知の世界へ出ていくんですよね。 誰から命令された訳でもないのに、 日本を飛び出して上海に移住しばかりの私は、 やっと殻を破ったわっと思っていた。 ところが、同じ中国語クラスの日本人女性が 私に向かって「まだ、殻を被ってるよ〜」 といったとき、えーっ!と大ショックだった。 彼女のことを知れば知るほど、日本人だけれど、 かなり自由奔放に生きてきた人だなと思う。 態度も厚かましいというか、 いや、いつも堂々としてる。 彼女は中国語のクラスも欠席が多く、 いつも忙しそうだった。 授業がおわったら、風のように さーっと帰ってしまう。 どんな人なんだろうと思いながら、 たまに、お昼を食べたりして、 次第に彼女のことがわかってきた。 なんと、新婚ほやほや! 日本で知り合った10歳年下の 中国人男性と結婚し、 上海に移住したば... [続きを読む]
 
  孫のためなら、えんやこりゃ     
2020-02-18 15:44:31


やっとのことで重い腰をあげて、 久しぶりに摘み花を作った。 ドイツの孫から前髪を止めたいから、 前にもらった摘み花ヘアピンをまた作って〜 という依頼が舞い込んだから。 いや、依頼が舞い込むって、そんないいもんじゃなくって、 ある日突然、摘み花を付けるやっとこピンを、 娘が通販で勝手に注文し自宅に送りつけてきたから、 否応なしに作る羽目になったのだ。 取り掛かるまでは、いつものとおり、 邪魔くさくて、邪魔くさくて、 1ヶ月くらいなかなか取り掛かれなかった。 実はカラフルな一越ちりめん布などの材料は いまでもうちには売るほどたくさんあるの。 上海でお店をだしていたとき、 和柄中心の品揃えをしていたので、 和柄でペアピンなども手作りして販売してた。 中でも、ひときわ人気があってよく売れたのが、 このかわいい手作りの摘み花。 なので、昔とった杵柄ということで、 作りはじめさえすれば、もうこっ... [続きを読む]
 
  さっ!またブログ始める     
2020-02-17 11:41:27


ブログを再開するその理由は2つ。 1.人生100年時代に備えて稼ぐ 2.人生の終盤に自分で楽しむ本を自分で作る 1.の稼ぐ方法はまだわからない。 まずはスタートして、 先を突っ走ってる若い人をマネする。 人生死ぬまで稼ぐには、 ネットを活用すること以外にないと思うから、 ネット界隈を死に物狂いで観察してると、 必ずみえてくるものがある。 これは中国で学んだから自信ある。 2.は人生の最後をいま施設で過ごしてる母を 観察していて心に決めた。 90歳くらいまでは、手芸や料理、 時代小説を読んだりして 長い1日を過ごしてた。 ところが、ある日もう本は読みたくないと言い、 むかし自分が書いた日記のようなモノを ぱらぱらと読みはじめた。 そして、いままで私が聞いたこともない話、 例えば父との思い出などを読んで笑ってる。 本や新聞のコラムから抜粋した文章を、 「ええこと書いてあるわ、ちょっと読んでごらん」 と... [続きを読む]
 
  腑に落ちたら、諦めない     
2020-02-15 18:16:46


「腑に落ちる」(ふにおちる)という言葉が 最近、私のこころに突き刺さってる。 何ごとも軽い気持ちで始めると、 まるで小学生の絵日記みたいに 長続きしない…(汗) まず、自分が腑に落ちてないのに、 何かを始めたり、決めたりするとどうなるか。 長続きしないのは当然だけれど、 いちばん良くないのは、 自分のしていることに自信がないから、 ちょっとしたことや、他人の言うことが 気になってしょうがない。 自分が一旦決めたんだから続ければ、 うまくいくかも知れないのに、腑に落ちてないと すぐにやめてしまう。 これでは、当然だが結果なんかでないし、 そんなことなら最初からやらなければ よかったということになる。 自分で腑に落ちてさえいたら それこそ誰に何を言われようが、 勇気をふり絞って とことん挑戦できる。 そう簡単には諦めない強い心を持った もう一人の自分がかならず伴走してくる。 ここまで考えて、自分で決め... [続きを読む]
 
  住む場所を変えると、自分も変わる     
2020-02-14 17:46:56


住む場所を上海に移し、 付き合う人たちがいままでと、 コロッと変わると、自分も変わる。 日本ではまわりが気になって できないと思っていたことが、 できるようになったりして、 これは思わぬもっけもんだった。 後から考えたら当たり前と思えるが、 実際に上海に移り住むまでは、 私にはまったく想像も出来なかったこと。 例えば、留学生寮の隣の部屋は 韓国人のカッコいいやさしい男性、 クラスメートも韓国人、日本人、インドネシア人。 年齢も18歳から50歳くらいと幅広い。 そんな人たちと毎日一緒に勉強し、 お昼を食べたりしてると、 あれれっ、私が日本人というのを いつのまにか忘れちゃうときもあった。 さらに良いのは、海外で出会う 老若男女の日本人が、 いままで自分が付き合って来た人とは まったく種類のちがう人。 もし日本で出会っていたとしても、 絶対と言っていいくらい、友だちにならなかった ような人と、とても良い友... [続きを読む]
 
  父と野村克也さんとの思い出     
2020-02-13 16:30:28


亡き父は若い頃、野村克也さんの生家に しばらく下宿していた時期があった。 父は娯楽などなかったあの時代でも、 野球はそんなに好きなほうではなかったが、 なぜか南海ホークスの試合があるときだけは、 必ずテレビの前に座って観てた。 ひとりでひそかに野村さんを応援していたのだ。 それをいつも横目で見ていた私は野球ファンでもないが、 野村さんにだけは特別な思いを抱いてた。 昨夜の訃報のニュースを耳にしながら、 野村さん、長患いもせずにサッチーの元に行けて、 本当によかった、よかったと思いつつ、 私は生前の父のことをあれこれと思い出してた。 お昼になると野村さんが父の職場まで 毎日、お弁当を届けてくれていたそうだ。 父は戦争で2度にわたり中国へ行き、 戦後、日本に戻り、家もなく食べるものもない時代に、 野村さんの家で下宿しながら、 近所の小学校の代用教員として働いていた。 父はいつも南海ホークスの試合を観ながら... [続きを読む]
 
  好き好んで引きこもり     
2020-02-12 11:49:25


いま私は引きこもりをしている最中。 引きこもりたいから、引きこもってる。 ここまで断言できるんだから、 私もよく成長したもんだと感心する。 というのも、日本人がいちばん苦手なのは、 何もしないで過ごす、ということではないか。 その例として、私も上海に移住し、最初の1年間は 勉強さえすれば許される留学生だったので楽チンだった。 お腹を壊したりして大変だったが、 目標があったから、気持ちだけはいつも前向きでいられた。 ところが、留学を終えた2年目からは 毎日、行く所が無くなってしまった。 いったい何をしたらいいのかもわからず、 途方に暮れていた時期が長く続いたので、 思い出すといまでも気が変になりそうだ。 一緒に勉強してた人たちは、それぞれの国に戻ったり、 上海で就職したりと、とても忙しい新生活をスタートしていた。 ご飯でも食べる?と誘っても、みんな慣れない上海で 仕事するのが精一杯で、いま忙しいのと... [続きを読む]
 
お気に入りとしてこのブログを保存
キーワードで検索
検索範囲   ブログ 記事
キーワード   

ブログ検索: ブログのタイトルと紹介文が検束され、合致したブログのリストが表示されます。
記事検索: 記事の内容が検束され、合致した記事のリストが表示されます。

私のお気に入り
上海
シンガポールでグイグイくるパン...
アラブストリート界隈のパン屋さんはしごの続編。もう一軒はこ...
タスマニア
タスマニアのピノノワールでした。ブルゴーニュのそれともカリ...
日本に帰る前に購入♪ 台湾のお...
春節後、少しだけ日本に帰っておりました!今まで上海にいたとき...
歳だから無理!は言わない
いつも私の行動にブレーキをかけてたことは、もう歳だから、無理...

北京
びっくりな理由。
北京に住む義両親のマンション入り口。いつもは、この時期春節...
昭和記念公園の梅
梅がきれいな季節になってきた、先日は研究会のあと皇居の東御苑...
モンテール祭り!
血糖値の推移をチェックするために、という素敵な目的のために...
岩田氏の外国人記者クラブ会見
岩田氏の外国人記者クラブ会見は、ここをクリック。あらためて...

香港
パンケーキデー!掲示板に注目〜
今日はイギリスではパンケーキデーらしいです。イギリス人の友...
とうとう香港も
日本からの渡航者に制限を儲けることになりました日本へ旅行し...
タイミング悪けりゃあたしゃ隔離...
−東京現在気温13℃湿度45%−−香港現在気温23℃湿度8...
そうでも、そうじゃなくても
窓もない、換気もない場所で、そのうえ誰もマスクしてなくて唯...

大連
ここ最近
 何だか最近色々あり 何から書けば良いものか。巷...
ソフトバンクGの赤字から見えて...
こんにちは、宙凡です。 2月12日16時に行われ...
HSK4級 結果報告
明けましておめでとうございます!更新はまちまちですが、毎回...
大連にジャズバーBarry's...
ジャズピアニストの巨匠バリーハリスのご威光を頂き大連にジャ...